エメラルドに輝く、長4,800mm幅1,200mmのレジンテーブルを作ろうと思う。その2

こんにちは。

 

一枚板専門店アルアート

長野です。

 

さて、大型のレジンテーブルの続きです。

本日は、レジンを流し込む!!

 

前の下処理です。

 

この下処理は、木にアルアートレジンを塗り、流し込んだ際に気泡が出ないようにする為です。

うっすらとグリーン色に染めたレジンを木の樹脂につけ、

刷毛に塗り広げます。

乾いてから塗り重ねる作業を3回繰り返し、

しっかりと皮膜を作ります。

 

これで目止めは完了です!!

とおもいきや、木の染みこみの早い部分、遅い部分があるので追加でアルアートレジンを作ります。

温める事で硬化が進みますので、30度くらいまで温めます。

これを刷毛でさらに塗り重ね、下処理は完成です。

完全硬化したら、いよいよ流し込みです!!

 

ではまた。

 

 

この記事を書いた人

無料コンテンツ

もし、一枚板やレジンテーブルを探しているなら・・・無料コンテンツを手に入れて下さい。

  • 魔法のヒアリングシートを使って頭を整理しよう!無料ですぐに手に入ります。
  • あなたにはワイロが必要ですか?多くの人がこのワイロを使って素敵なテーブルを手に入れました。
  • 私たちの資料請求はボリューム満点です。送料も無料であなたのお宅に届きます。
  • 今すぐ相談してみる!

    何か知りたいことが他にありますか?
    一枚板の相談・見積もり・購入など、気軽に相談して下さいね!
    Scroll to Top

    1055万円オフのスーパーセール