「一日の命 万金よりも重し」(吉田兼好 1283頃~1352以降 鎌倉末期の詩人 随筆家)