一枚板、加工前はこんな感じです!!

こんにちは。

 

一枚板専門店アルアート

 

長野宗一郎 です。

 

アルアートでもそうですが、

 

ホームページには、完成したピカピカの一枚板を掲載しております。

 

 

数ある一枚板屋さんのHPでも、

完成した”製品”を掲載しているのが

ほとんどです。

 

 

 

 

なぜなら・・・・

 

 

 

 

その理由を今日は記事にします。

 

アルアートに頂くお問い合わせ件数は毎月50~100件ほどあります。

様々なご質問や、お問い合わせを頂くのですが、

こんな質問も時折頂きます。

 

『ケヤキの一枚板が欲しいので、写真をみてみたいです。

買うかどうかはまだ未定なので、加工はしてなくて良いので、写真を送ってください。』

 

のような、

まだ注文が決定していないから、加工は必要ないです。

加工前の素材を見て決めたい。

加工してもらうと買わないといけないのですか?

写真を見て気にいらなかった場合、何か料金は発生しますか??

 

えっと、結論から言いまして、

原板(加工前の状態)で、購入か否かを決めるのは、

非常に困難です!!

原板の状態で購入するのは、それはプロフェッショナルです。

 

それでは、原板の写真をご覧頂きましょう!!

↓↓

 

 

まだまだ続きます!!

 

 


 

 

 

 

いかがでしたか??

ご感想は??

 

 

おそらく、

『シミみたいなのが、たくさんある』

『やたらと汚れてますよね。』

『とてもじゃないけど、こんなの要らないよ!』

 

といった第一印象ではないでしょうか??

 

まず、このシミですが、

ケヤキの一枚板ですと99%発生します!!

今まで私が携わってきたケヤキでは全ての一枚板に発生します。

 

しかしこのシミ、プロが見ると、

『乾燥している証拠だね。』

 

といいます。

 

そうなんです。

ケヤキの一枚板は乾燥中にこの様なシミがでるのです。

木の品質が悪いからではありません。

 

木の水分が抜ける時、この様に、表面にシミが出来ます。

汚れの様に見えますが、汚れではないのです。

 

 

プロが見ると・・・

ケヤキの極上ものだ!!

目の細かい本ケヤキだね。

乾燥もしている感じだね。

 

といった感じです。

 

 

アルアートでは、お問い合わせ頂いた方には、

必ず、表面を磨き、写真をご送付しております。

 

磨き、塗装をすると、この様な感じになります。

↓↓

 

もう、ここまで仕上げると、

 

『原板の面影一切なし!!!!!』

 

ですよね。

 

 

 

原板から、完成のイメージをするのは、不可能と思って頂いて良いです。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

無料コンテンツ

もし、一枚板やレジンテーブルを探しているなら・・・無料コンテンツを手に入れて下さい。

  • 魔法のヒアリングシートを使って頭を整理しよう!無料ですぐに手に入ります。
  • あなたにはワイロが必要ですか?多くの人がこのワイロを使って素敵なテーブルを手に入れました。
  • 私たちの資料請求はボリューム満点です。送料も無料であなたのお宅に届きます。
  • 今すぐ相談してみる!

    何か知りたいことが他にありますか?
    一枚板の相談・見積もり・購入など、気軽に相談して下さいね!
    Scroll to Top

    1055万円オフのスーパーセール