木の水分量。

こんにちは。

 

一枚板専門店アルアート です。

 

木は多くの水分が取り込まれている事は、

何となく想像がつくと思います。

 

 

厳密にいいますと、

 

木が含んでいる水分の量は樹種によっても違いますし、

 

同じ木でも辺材か心材かといった場所によっても異なります。

 

 

育った環境でも変わってきます。

 

 

また、木を伐採する時期にもより、変化してきます。

 

木は、中心付近より、外側(辺材)の方が細胞が活発に活動しておりますので、

 

中心より、外側の方が水分量があります。

 

 

大体ですが、木を切り倒した直後は、中心部分で50~60%。

外側で150~200% の値を示す事があります。

 

値??

 

 

ここでいう値とは、含水率(がんすいりつ)のことです。

 

 

水分量はこの様な計器で計測します。

 

これは、伐採後1年半ほど乾燥させた材料です。

 

24.3%と31%結構乾燥してきましたが、まだまだです。

 

 

伐採後はこんな感じで搬入しております。

 

アルアートでは、天然乾燥約2~3年。

 

人工乾燥3~6ヶ月で乾燥させております。

 

 

もちろん、樹種、厚みにより期間は様々です。

 

 

天然乾燥ですと、最低でも3年は必要です。

 

 

材料を仕入れてから、一枚板テーブルに仕上がるのに3年以上かけているのです・・・

木は洗濯物の様にすぐ乾かないのです。

 

この含水率ですが、10~13%になってから、製作に取り掛かっております。

 

しっかり乾燥させないと、割れや、反りの原因になります。

もちろん天然木ですので、乾燥させていても割れ、反りは発生しますが、

圧倒的に『動き』は少なくなります。

 

 

一枚板を購入する際、必ず含水率をチェックしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

無料コンテンツ

もし、一枚板やレジンテーブルを探しているなら・・・無料コンテンツを手に入れて下さい。

  • 魔法のヒアリングシートを使って頭を整理しよう!無料ですぐに手に入ります。
  • あなたにはワイロが必要ですか?多くの人がこのワイロを使って素敵なテーブルを手に入れました。
  • 私たちの資料請求はボリューム満点です。送料も無料であなたのお宅に届きます。
  • 今すぐ相談してみる!

    何か知りたいことが他にありますか?
    一枚板の相談・見積もり・購入など、気軽に相談して下さいね!
    Scroll to Top

    1055万円オフのスーパーセール