木曽檜が一番好き^^

おはようございまーす
本日の岐阜は2月と思えない暖かさでした
花粉症の私はこれからの季節はちょっと嫌いです。。。。
さてさて、今日は日本3大美林の一つでもある木曾檜(キソヒノキ)
について書きたいと思います

淡紅色で、仕上がると美しい光沢を見せ、特有の芳香があるので人気があります。

耐朽性が高く、しかも長期の水湿に耐える優れた性質を持つため、多くの分野で高級材料として使われています。建築、家具、風呂、桶、木型などはもとより、彫刻、仏像などにも用いられます。また神社の建築には重要な木材です。

杉と並んで日本の代表的な樹木です。木曾檜は、青森檜葉、秋田杉とともに日本の三大美林と呼ばれています。三重県にある伊勢神宮は20年ごとに遷宮と言って造り変えられますが、そのときに用いられるのが木曾檜です。

東大寺や現存最古の木造建築物である法隆寺にも使われています。江戸時代には尾張藩で木曽五木の一つとして保護されていました。

私は、一枚板の材料では木曾檜が一番好きです。しかし、幅広の一枚板はなかなか無く、あったとしても非常に高価!

優良な材料にはなかなか巡り合えませんが、出会った瞬間の感動は何事にも変えがたいものがあります。

材料探しは「妥協無く、楽しみながら」がモットーですのでそのうちいい材料に巡り合うことが出来ると思います。

次回は、青森ヒバについて書きたいと思います。

乞うご期待

この記事を書いた人

無料コンテンツ

もし、一枚板やレジンテーブルを探しているなら・・・無料コンテンツを手に入れて下さい。

  • 魔法のヒアリングシートを使って頭を整理しよう!無料ですぐに手に入ります。
  • あなたにはワイロが必要ですか?多くの人がこのワイロを使って素敵なテーブルを手に入れました。
  • 私たちの資料請求はボリューム満点です。送料も無料であなたのお宅に届きます。
  • 今すぐ相談してみる!

    何か知りたいことが他にありますか?
    一枚板の相談・見積もり・購入など、気軽に相談して下さいね!
    Scroll to Top

    1055万円オフのスーパーセール