本日は、朴の木の紹介です。

まだまだ日中30℃を超える暑さが続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

朝晩の冷え込みにて風邪など引かれては無いでしょうか?

一枚板専門店アルアートの浦西です。

本日は朴の木の紹介です。

 

朴の木とは岐阜県で郷土料理に使われたりする。朴の葉寿司や、朴葉味噌などで知られている木です。

色味は見て頂いて分かるように灰色だったり、緑色だったりと、少し変わった色合いの木です。

主に刀の鞘だったり、下駄の歯に使用したりされている木です。

縮み杢が出ていてとてもキラキラと輝いています。

入り皮が入っていた部分にはレジンと、朴の木の粉を混ぜ合わせてた物を使用して固めてあります。

レジンにて固めることにより、頑丈に接着されています。

気になるサイズは長さ1630㎜幅940-670-710㎜厚み38㎜です。

縮み杢と少しサバ杢も出ています。

サバ杢とは木の幹が成長の過程で枝分かれしてしまった際の付け根部分に出ます。

これはほんの少し出ています。

皆さんも枝分かれの木の一枚板があれば是非サバ杢を探してみてください。

この板が気になった方はすぐにお電話を。

一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる!

お待ちいたしております。

 

この記事を書いた人

無料コンテンツ

もし、一枚板やレジンテーブルを探しているなら・・・無料コンテンツを手に入れて下さい。

  • 魔法のヒアリングシートを使って頭を整理しよう!無料ですぐに手に入ります。
  • あなたにはワイロが必要ですか?多くの人がこのワイロを使って素敵なテーブルを手に入れました。
  • 私たちの資料請求はボリューム満点です。送料も無料であなたのお宅に届きます。
  • 今すぐ相談してみる!

    何か知りたいことが他にありますか?
    一枚板の相談・見積もり・購入など、気軽に相談して下さいね!
    Scroll to Top

    1055万円オフのスーパーセール