こんにちはこんばんはおはようございます!

アルアート工場長(店長)の中島です。

店長でも工場長でもどちらでもお呼びくださいよろしくおねがいします!

 

前回月曜日に書かせていただきました栗の一枚板のレジン埋めテーブル。。。

だんだんと完成に近づいてまいりました!

途中、長野社長が栃の一枚板で大物を作成しており

私の作品共々完成が待ち遠しくてしかたありません!

 

さて、前回埋める箇所の下処理の写真を載せました。

今回は『目止め』と『ダム作り』の下ごしらえです。

写真はこちら↓↓↓

ウレタン塗料のプールでしっかりと『目止め』中です。

そして乾いたら。。。↓↓↓

埋める箇所の周りにボンドで『ダム作り』です!

こうしてやっとレジンを流し込める準備が整いました!

次にレジンを配合してから、泡を抜きます↓↓↓

真剣に計器とタイムを測る社長。

ラーメンの鍋のようなバケツの中ではレジンがブクブクと泡を出しています。。。

あ、ちなみにバケツの中は真空です。

真空にすることでレジンをかき混ぜた際に入った微細な泡も浮いて消えてくれる。

そんな装置です。

試しに水を入れて真空状態にしたら激しく沸騰してビックリしました(笑)

でもこの装置のおかげで綺麗な状態でレジンを固めることができるのです。

 

この泡の無いレジン。。。ほんとに大変でした。

もちろん時間をかけてゆ~っくり固めれば泡も浮いて抜けますが。。。

社長の長野はとことん時間とコストをカットする男!

「お客さんに安くていいものを提供できなきゃアルアートじゃない!」

という信念が妥協を許してくれません。。。

極一部ですが、実験でできたレジンたち。

「ん~~~~」と唸りながら実験で固まったレジンを観察している社長。

二人して深夜まで実験を重ねたのはいい思い出です(笑)

 

それでは次回はいよいよ完成した姿をお見せできると思いますので

またの更新をお待ちいただけたらと思います。

それではこの辺で。

おすすめの記事