こんにちわ!

アルアート工場長の中島です!

今回は、先週作成したオーダー脚を紹介したいと思います。

写真はこちら↓↓↓

 

命名:I型ダイニングテーブル脚!!

対になった「I型」の脚を、真ん中の「貫(ぬき)」が刺さり、支える構造の脚です。

 

一枚板を乗せるための脚は、重くても長年耐えられる強度が必要ですので

よくある「4本脚」の構造だと、グラつきなどが出たり。。。

また強度を出すために、かなり太い材料を使わなければいけなかったり。。。

なので!世界的にスタンダードな形の脚は「T字型」のものが多いです。

 

しかし、今回作成したものは「I型脚」

日本古来から、家を建てる時にも使う「ホゾ」や「クサビ」などを利用して組み上げているので

かなり丈夫です!

 

 

しかもこの形。

スタンダードな「T字型」よりも、足元がスッキリするので

椅子が当たったり、膝が当たったり。。。そんなストレスを減らしてくれます!

使いやすく、強度もあり、見た目もかっこいい!

もし気になる方がいらっしゃったら是非お声掛けください♪

いろいろなオーダーにお応えいたします!

おすすめの記事