cof_vivid

こんにちは。

 

一枚板専門店アルアート

長野です。

 

本日は、一枚板のウレタン塗装について説明させて頂きます。

 

まず、塗装には、大きく分けてウレタン塗装、オイル塗装があります。

 

アルアートでは、ウレタン塗装をオススメしておりおます。

 

なぜか?といいますと、

 

テーブルですので、必ず水やコーヒーをこぼすからです。

 

絶対にこぼさないぜ!!

といって頂けるなら、オイル塗装や、無塗装でも良いかと思います。

 

水やコーヒーをこぼすからウレタン塗装??

ウレタン塗装とはいったいどんな塗装でしょうか。

 

ウレタン塗装は、木の表面にクリア色の薄い膜を形成します。

そのため、完全撥水なのです。

分かりやすくいいますと、表面に薄いガラスがある様な感じです。

 

下記が実験の様子です。

 

 

この素材は、木材サンプルの製作途中の写真です。

ケヤキ。クス。ウォルナット。銀杏、杉、栃です。

 

 

表面はウレタン塗装。

裏面は無塗装です。

 

まずは表面に水滴を付けてみましょう。

 

 

 

もう少し・・・

 

 

 

どうでしょう。

 

ハッキリと水分をシャットアウトしているのが分かるかと思います。

 

次に、裏面の無塗装。

水滴を付けたらすぐに染みこみます。

10秒後、布巾で拭いても跡が残ります。

水ですので、蒸発すれば大きなシミにはなりませんが、

これが、コーヒーやお醤油だったら、ハッキリとシミになってしまいます。

 

シミになると、表面を磨くしかシミを取る方法がありません。

 

ウレタン塗装ですと、布巾で拭くとサッと拭き取れます。

毎日仕様するテーブルです。

必ず水滴が付くので、ウレタン塗装をオススメしております。

 

TV台や棚でしたら、無塗装やオイル塗装も良いですが、

テーブルの場合ですと、圧倒的にウレタン塗装がオススメでございます。

 

オイル塗装ご希望のお客様も過去にいましたが、

3年後、メンテナンス時に、ウレタン塗装に変更して欲しいという要望を頂きました。

案の定、テーブルにはコップを置いた輪ジミが沢山あり、

研磨してシミを消し、ウレタンで仕上げした事例もございます。

 

アルアートで使用しておりますウレタン塗装ですが、

ツヤツヤ仕上げではなく、艶消しのナチュラルな感じになるよう仕上げしております。

塗料メーカーとも打ち合わせし、調合したウレタン塗装を使用しております。

おすすめの記事