こんにちは!

アルアート店長の中島です!

今回は先日、社長の長野が新聞社の取材を受けておりましたので

その様子をご紹介したいと思います。

 

 

今回の取材では一枚板作りにおいて重要な「乾燥」について

いろいろと聞かれました。

当店では自前の乾燥室を使っておりまして

日本でただひとつの乾燥方法「遠赤外線による樹の内部まで均等に温め乾燥させる方法」を行っています。

 

 

 

こちらは乾燥室のコントロールパネル前ですね。

この乾燥室、アルアートのみんなで作り上げました!

昼間はソーラー発電で遠赤外線。

夜や雨の日は、一枚板テーブルを作る際に出る端材をボイラーで燃やして

その熱で室内の温度を一定に保っており、とってもエコな作りとなっています!

 

また室内のどこでも均一に乾かせるので

沢山の素材を入れることができます。

最近アルアートではレジンテーブルなども開発しておりますが

この開発ができるのも沢山の乾燥材を用意できるからこそです!

 

 

 

社長が持っているのがそのレジンテーブル!

ワイルドな形の一枚板も使いやすく、且つ個性的なまま作ることができます!

先日もご来店いただいたお客様で、アルアートにある素材を指定して

レジンテーブルを作成してほしいとのご依頼をいただきました。

アルアートにお立ち寄りの際には是非、レジンテーブルも見ていってください!

またアルアート自慢の乾燥室の見学もできます!

よろしくお願いします!

おすすめの記事