設置事例No.103

妻が言った数少ない希望でした。

103

妻が言った数少ない希望でした。

「木のテーブルが欲しい」新築にあたり、妻が言った数少ない希望でした。 はじめに行ったのは地元の一枚板のお店。一枚板の良さを感じたものの、値段の高さに撃沈。 あきらめかけていた時、出会ったのがアルアートでした。 ホームページには良さげな写真と疑うような価格が。やっぱりどこかに疑いの気持ちがありました。 でも、長野さんとメールでやりとりしている内に、不安は消えていきましたね。 まじめで正直な人だと。嫁の実家が岐阜ということもあり、お盆休みにアルアートを尋ねていったりもしました。長野さんは、、いたって普通の(失礼)いいひとでした。 そして、、、楠の幅広の一枚板、木の感触が感じられるオイル仕上げ、味のある楠の足! すべて希望が叶えられたテーブルが今、目の前にあります。これから我が家のシンボルとして大切にします。ありがとうございました。

子供と使う一枚板

アルアートまでお越し頂き、ありがとうございました。耐湿・耐久性に優れているクスを選んで頂きました。これだけの大きさがあればお子さんも広々使えますね。脚はダイニングと座卓を兼用で仕上げました。2ウェイ仕様の脚ですが、安定感がありお子さんがいても安心して使えます。床の「節」・「色」とマッチがとてもいい感じですね。

設置事例No.103の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

99
事例番号 99

世界にひとつしかない自分だけの一枚板

何回もご来店いただきました。「超PUREMIUM」の楠のダイニングテーブルをご購入いただきました。それに合わせてベンチも楠で作らせていただきました。Iチェアも楠のカラーにマッチングしていますね。 また、追加で2つのオーダーメイドをご利用いただきました。(写真1枚目のTVボード、センターテーブル)着色した欅で、木目が繊細で美しい本欅です。もちろん、こちらも最高級の素材で製作させていただきました。

松原様

一枚板

138
事例番号 138

細かい質問やわがままな事もお願いしました

100%天然素材をそのまま活かした一枚板テーブルです。あえて手を加えすぎないように仕上げました。そのため、節もあり、耳もうねっていて「天然木らしさ」を出し切った作品です。工業製品では作り出せない色合いとカタチが個性的で、おもしろい一枚板テーブルに仕上がりました。

N.M様

一枚板

銀杏

157
事例番号 157

嬉しくてニヤニヤしています。

欅の一枚板で、赤身を少しだけ濃い色合いで着色しました。また、椅子の色に合わせて脚の色も着色させていただきました。欅の赤身だけ濃い色合いで着色するとブラックウォルナットのような雰囲気になります。濃いテーブルをお探しの方にはこのような塗装もおすすめです。そして、天板に2ヶ所だけ節があります。無節(節がまったくないもの)が注目されがちですが、節があることでより天然木の味わいを感じてもらえることができるので、節有りも本当におすすめです。何件もの一枚板屋さんを巡り、最後に私たちを選んで頂いたこと本当に感謝です!ありがとうございました!

服部様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール