設置事例No.128

うちの子になる?

128

うちの子になる?

この度はアルアート様との素敵なご縁を頂き、このようにお便りをさせて頂くことに夫婦共々大変嬉しく思っております、ご連絡も差し上げず、突然に岐阜の工房へ夫婦でお邪魔しましたのが1月だったかと記憶しております、春に建つ新築の自宅にどうしても一枚板のダイニングがほしいと願いずっと探しておりましたが、なかなかピンとくるものに出会えず、気になるお品に出会えましても高価すぎて予算オーバーであったりした為やむ無く断念したりと、やはり理想の一枚板に出会うのは無理なのかなと心折れそうだった時、たまたまインターネットでアルアート様を拝見致しました、今まで現物を見て触れて理想の一枚板を探していた私たちでしたのでインターネットで見て一枚板を購入することに少し躊躇いもありましたが、口コミの高さやお客様満足度の高さ、長野様はじめスタッフの方々の人間性、品質のクオリティの高さはもちろんの事、非常に良心的なお値段で販売されている事を知り、是非こちらで私たちの求める一枚板と出会えたらと思いました、しかし人気のお店であるためインターネットでは完売商品が多く、なかなか商品を拝見出来ずにおりましたので、名古屋在住だったこともあり、岐阜の工房へ直接伺って、拝見させていただきました、突然の訪問にも関わらず大変親切に対応して下さった中島様に何枚も何枚も様々な素晴らしい一枚板を丁寧な説明と共に見せていただき、たくさん見て悩みに悩んだ挙げ句、「うちの子になる?」と言って(笑)我が家へ来てくれる事になった新しい「家族」は今ではこのお家になくてはならない大切な存在であります。 この素晴らしいご縁と共にいつまでも大切にしてゆきたいと思います。 今後ともどうぞ末長くよろしくお願いいたします。 最後になりますがどうぞ皆様方お身体大切になさって素敵なもの作りを頑張ってくださいね。

赤身が輝く栃の一枚板

トチといえば白みが多いイメージが強いですが、この一枚板は赤身が多く珍しい色合いです。一般的に白みは価値が高いといわれていて人気があります。ですが実は栃は赤身もものすごくキレイなんです。白みの陰に隠れがちな赤みにも目を向けると、あなたにとって特別な一枚板が見つかるかもしれません。一枚板の深い色合いと味わいのある木目がヒノキ材を使った真っ白な床とマッチしています。イスもアルアートのIチェアでそろえていただきました。小ぶりな銀杏のテーブルは節がワンポイントになっています。

設置事例No.128の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

169
事例番号 169

要望どおりすべすべに加工

天板にはかすみ杢が出現している欅の一枚板です。かすみ杢が出現しているため、照明の当たり具合でキラキラ光っているように見えます。お子様の学習机として硬い「欅」を選んでいただきました。サイズは子供はもちろん、大人が2人並んでも余裕で使えるサイズです。将来、子供が巣立ったらダイニングテーブルとしても使用できるほどのサイズがあります。節もないキレイな一枚板です。

S.R様

一枚板

69
事例番号 69

理由は「長野様の板に対する強い熱い想い」

直径1000mmを超える松の一枚板です。アルアート史上、最も幅広の松です(2015/03/20現在)アルアートまでお越し頂き、材料を選んで頂きました。松ならではの白身がいいですね。窓から見える「松」と和室の「松の一枚板」ダブルで楽しめますね!

K.D様

一枚板

79
事例番号 79

思ってた通りの木目で本当にありがとうございました。

100回を超えるメールのやり取りをさせて頂きました。一枚板に「コダワリ」のあるお客様でした。材質はブランドである日光杉を利用させて頂きました。樹齢300年~350年程度の日光杉の一枚板です。当時、アルアートでは在庫最後の1枚でした。脚に特徴もあります。座卓脚にもなり、衝立用の脚にもすることができるオーダーメイド脚です。

K.Y様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール