設置事例No.137

その威風堂々たる佇まいに圧巻されました。

137

その威風堂々たる佇まいに圧巻されました。

新しい街での、新しい暮らし。その暮らしのシンボルとなる食卓は、長い月日を共にする重要パートナー。その想いから、何ヶ月も掛けて一枚板を探し求めた末に巡り合ったのが、アルアートの楠でした。玄関を所狭しと通り抜け、リビングに出迎えるやいなや、その威風堂々たる佇まいに圧巻されました。美しい水面のような杢は、光を受けるたびに煌めき、団欒のひとときを一層特別なものにしてくれます。あるときは食卓として、あるときは勉強机として、またあるときは1人物思いに耽る場として、我が家の楠は表情を変えながら私たちの悲喜こもごもを見守ってくれています。幾重にも重ねた書籍にも弛まない重厚さ、そして心地良い滑らかな肌触りは、アルアートで丹念に手入れされた証でしょう。この楠と共に、人生の年輪を重ねていくのが楽しみでなりません。この素晴らしい出逢いに厚く御礼申し上げます。

キラキラ輝く楠の一枚板

ナチュラルなイメージが強い楠ですが、独特の縞模様が見事にイメージを覆してくれました。インパクトのある個性的な木目の天板に「独特の味わい」を感じます。また、虎杢も出現していて照明の当て具合でキラキラと光り、さらに迫力が増しています。この一枚板で、天然木にしか出せない表情を何通りも楽しんでいただけます。黒い床、白い壁のすっきりとしたお部屋にマッチしています。和室に設置しても、洋室に設置しても、必ず主役になれるすばらしい仕上がりです。

設置事例No.137の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

128
事例番号 128

うちの子になる?

トチといえば白みが多いイメージが強いですが、この一枚板は赤身が多く珍しい色合いです。一般的に白みは価値が高いといわれていて人気があります。ですが実は栃は赤身もものすごくキレイなんです。白みの陰に隠れがちな赤みにも目を向けると、あなたにとって特別な一枚板が見つかるかもしれません。一枚板の深い色合いと味わいのある木目がヒノキ材を使った真っ白な床とマッチしています。イスもアルアートのIチェアでそろえていただきました。小ぶりな銀杏のテーブルは節がワンポイントになっています。

中尾様

一枚板

24
事例番号 24

厚み70mmもある重厚な杉の一枚板です。ダイニング十分な幅もあり、対面テーブルにも十分ご使用頂けます。杉は真っ直ぐ成長する木ですので、比較的長方形ですので、使用しやすい樹種です。名古屋より御来店頂き、実際に現物を選んで頂きました。

山田学様

一枚板

33
事例番号 33

ケヤキ一枚板です。個性的な形をした素材です。枝分かれ部分を使用し、大きな形補正はしておりませんので、木そのままの形を生かしながら制作しました。もちろん、角ばっているところは、丸く加工しております。椅子もアルアートの作品です。

一木様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール