設置事例No.139

家族みんなが喜んでいます。

139

家族みんなが喜んでいます。

この度は大変お世話になりました。お陰様で家族みんなが喜んでいます。 平成27年の11月の終わりに新居が竣工するので、5月くらいから無垢のテーブル探しから始めました。いろいろ探しましたがなかなか見つからない時に、アルアートさんのホームページが目に留まりました。新居もいろいろこだわった所もあるので家具にもこだわりを持ちました。まずは自分の希望のサイズ、材質、勿論単価もアルアートさんに細かく伝えました。途中何度か、着色や形状の変更にも対応していただきました。 今回は、ダイニングテーブルと花台をお願いしました。届くのを心待ちにしておりましたが届いてみると、テーブルと花台の無垢材特有の重量感、迫力が伝わって来ました。 新居が出来上がり、お客様がまず玄関に入り花台に目がいき花瓶、花等が引き立つとみなさん言ってくれます。そしてリビングを通りダイニングに向かうと、杉のテーブルが目に入ります。 間仕切り、座席の関係で150cmのサイズにおさえましたが、本当は200cm位は欲しかったです。 お客様が皆、やっぱり木の無垢のテーブルはいいねとおっしゃってくれます。家電製品や家具の搬入業者の方もいいねと言ってくれました。座卓等は既存の物を使っていますが今度は座卓をアルアート様に是非依頼したいです。 新居から家具等までもが自慢の家になりました。有難うございました。

お客様と時間をかけて作った杉の一枚板

完成までに何度もご連絡をさせていただき、ようやく完成した杉の一枚板テーブルと、杉の花台です。色合いやサイズなど細かいオーダーにお応えできたことを私も嬉しく思います。オール杉でこだわりぬいた作品です。一枚板テーブルは、杉ならではの真っ直ぐ伸びた木目が実際のサイズよりも存在感を感じられます。もともとお持ちのイスとも合い、すばらしい完成度です。玄関に入ってすぐ目にとまる花台は、ブラウンで着色しました。真っ白な床にブラウンが引き立ち、重厚感のあるまとまった玄関に相性抜群です。

設置事例No.139の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

9
事例番号 9

この天板は栃です。自然な形をそのままに加工した作品となります。栃は現在在庫希少品、その中でも上位クラスの材料で、最大幅が900mm近くある材料は超希少品です。色合いも、自然な感じで白過ぎず茶色過ぎずで洋風、和風問わず使用して頂ける材料です。天板に艶を持たせ、栃が本来持つ艶を引き立てました。脚はお客様ご用意で今まで使用してきた天板と脚セットの天板だけ差し替えと言う形です。脚の写真を送付頂き、強度、サイズに問題ないか確認させて頂きました。

匿名

一枚板

54
事例番号 54

柳の一枚板です。長さ2000、幅900mmの特大サイズです、ベンチも柳材を使用しております。椅子もアルアートのアルエイトシリーズです。天板に枝分かれ部分にしか出現しないサバ杢が出現しております。

長谷川様

一枚板

116
事例番号 116

間違いなく一生もの

「反り」や「割れ」などの狂いが少ない銀杏(イチョウ)の一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、大きな色ムラもなく、銀杏(イチョウ)ならではの真っ白な色合いが特徴的です。また、ところどころにある節もアクセントになっていて、天然木の風合いが楽しめますね。座卓のこたつ用テーブルに製材させていただきました。大きな観葉植物ともとても馴染んでいますね。

K.C様

一枚板

銀杏

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール