設置事例No.140

新築の家にふさわしくない

140

新築の家にふさわしくない

私は昨年10月に新築をすることができ、その後訪問した友人から、居間のテーブルは新築の家にふさわしくないと言われました。私も常図ね感じていましたがそのうち購入すればよいと思っていました。 そんな時、私の友人である、大工さんがいまして、やはり本物は(無垢)飽きが来ないと言われ一枚板を考えることになりました。 中でも栃の一枚板は、伐採禁止になり、希少価値があり、今後高騰し、良い一枚板が、購入できなくなると教えられました。 ネットにて一枚板を検索していてアルアート様にたどり着きました。幸い自宅から車で1時間ほどのところにあり一度見たくなり訪問してみました。偶然にもアルアート様のショウルームを完成され5日目のことでした。ちょうど工場から搬入された一枚板の中に非常にきれいな栃の一枚板があり一目で気に入り購入することになりました。日にちが経過するうちに台所のテーブルも気になり再度訪問しました。商品の中でもひときわ目立つ非常に大きな栃の一枚板がありました、チジミ木が一面にあり光の角度でキラキラと輝き一目で気に入りました。以前に購入した一枚板を丁度長方形に近いため台所の食卓にし新たに購入した、一枚板を居間に置くことにしました。アルアート様と話をしている中で、長い間に色の変化が出てくるのでわと問い合わせたところUV加工もあると教えていただき塗装を追加していただきました。(これだけきれいな一枚板をいつまでも見たいため) 私がとやかく言うより。写真を見てください。

ギラギラ・テカテカ一枚板

この一枚板テーブルは1年にたった1枚できるかどうか、貴重な一枚板です。サイズやカタチ、木目など全てが完璧な仕上がりです。一枚板の価値を上げる「虎杢」が一面にびっしりと出現しています。「虎杢」は光があたるとキラキラと輝き、トチの一枚板テーブルをさらに美しく見せてくれます。また、光の当たり具合で違う表情を見せてくれるので、長年経っても飽きることなく使っていただけます。まさに最高のトチの一枚板です。

設置事例No.140の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

168
事例番号 168

とてもきれいに出来てます。

ブラックウォルナットの一枚板を使用して制作した「隙間を隠すための板」です。濃い色合いのところだけを使いサイズ通りに制作しました。「畳と壁の間を無くしたい」という要望でした。

S.E様

一枚板

ブラックウォルナット

107
事例番号 107

諦めようとしていた時に

当初材質を悩まれていましたが、ログハウス調のお部屋に樅(モミ)がよく合います!よーくみると室内にマウンテンバイクがあったり、私も親近感を感じてしまいます・・・。2000mmある大きなダイニングテーブルとこたつ用のテーブルが「色合い」と「節」が壁と床にキレイに溶け込んでいますね。

田中様

一枚板

26
事例番号 26

「床、天井共に天然木、しかしテーブルだけ合板は・・・。さらに予算も限られている・・・。」そこで、アルアートをご利用頂きました。ケヤキの一枚板を黒っぽく着色して、ブラックウォールナットに近づけました。着色する時に、木目が消えないように丁寧に作業をしました。そして、紫外線が当たっても色があせないようにセラウッド塗装もしております。

匿名様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール