設置事例No.144

世界三大銘木と言われていたので、昔からの憧れでした。

144

世界三大銘木と言われていたので、昔からの憧れでした。

ブラックウォールナットを購入させていただきました。世界三大銘木と言われていたので、昔からの憧れでした。訪問して見させていただきました。その時は、『綺麗だなー』としか思いませんでしたが、家で設置してみると、陽射し・照明、角度によって表情が変化し、とても満足できる板です。色気さえも感じてしまいます。同じ素材でベンチも作ってもらい、脚も取り付けはせず、据え置きにしてもらいましたが、全体のバランスも良く、部屋の雰囲気にとっても合って気に入ってます。経年で、どう変化していくか、今からとても楽しみです。一枚板は一点物で、同じものに巡り会えませんが、まだ気になる板がありますので、また寄らせていただきます。今回はありがとうございました。

贅沢なブラックウォルナット・セット

贅沢なブラックウォルナットの一枚板テーブルです。一枚板と同時にブラックウォルナットのベンチもオーダーいただきました。同じ材質を使ったテーブルとベンチは、相性は抜群ですね!反対側のチェアは座面から背もたれまでブラックでこちらもマッチしています。大、大、大人気のブラックウォルナットを使ったと~っても贅沢なブラックォルナットセットです!

設置事例No.144の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

6
事例番号 6

居酒屋様からのご依頼です。内装を大きく変更する際、アルアートの一枚板を選んで頂きました。テーブル、椅子全て一枚板でできております。圧巻はカウンターで、曲がっている部分も全て一枚板でつなぎ合わせ、一枚の大きなカウンターに仕上げました。全体的に落ち着いた内装でしたので、全てブラウン系で着色しました。玄関を入ると、一番に目に入るテーブルですので、欅材の色が綺麗に出ている材料を使用しました。欅は傷が付き難いので、お店のテーブルとしては最適です。また、色が元々茶色っぽいので、日光が当たる場所で木が日焼けしてしまっても、自然な感じが消えないので玄関周りには最適と考えました。イスはもともとありましたので、椅子に合わせ高さを調整し制作しました。カウンターは長さ4500mmの栃を使用しキラキラと光る木目を引き立たせるため着色しました。全体的に茶色っぽい色をイメージし制作したオリジナルテーブルたちです。

鳥昇様

一枚板

欅, 栃

63
事例番号 63

「いいテーブルやね」とよくほめてもらいます。

栃は白身が有名ですが、あえて赤身が多い部分を使った一枚板です。大人気の虎杢もでています。「栃は白身が多い方がイイ!」と言われていますが、このように赤身があると味が出ますね。

餅谷様

一枚板

179
事例番号 179

素敵な方々に作っていただきました

最初にご来店いただき、原板を実際に並べてお選びいただいたトチの一枚板に、アルアートレジンを流し込み、完成したトチのレジンテーブルです。大きな枝の部分がカッコよく貫通している材料で、尚且つ樹の自然な耳が大きく残すことができ近くから見ても、遠くから見ても立体感のある作品となりました!透明度も高く、シックな作りのお部屋にとても良く合っておりますね。天板のご依頼と一緒にトチ一枚板の時計も製作させていただきました。脚はブラック塗装をしたヒノキ材の座卓脚で、ご使用するソファの高さに合わせて製作いたしました。脚を黒にする事により、お部屋の雰囲気を壊さず統一感を出すことが出来ます!

T.N様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール