設置事例No.146

皆様の心に木の平安から来る愛が届きますように!

146

皆様の心に木の平安から来る愛が届きますように!

自宅に、家具など置くものを、選択するとしたら、迷わず、材質は、木にしようと決めていました。なかでも、テーブルは、一枚板にしたかったのです。その点、アルアートさんに出会って良かったと思いました。なぜなら値段、品質、どちらも理想的だからです。特に経営者である長野さんの一枚板に賭ける情熱は、素晴らしい。 楽器もテーブルも家も家具も木に 勝る材質のものはありません。なぜなら、切られて加工されても今だに呼吸し生きているからです。特に一枚板は、それが、生々しく生を感じます。よって、私のチェロの音も、このテーブルのお陰で、よくなること請け合いです。 長野さん、そして工場従業員の皆さん、素晴らしい品を、ありがとうございました。これからも、良いテーブルを、作り、日本中を、大自然に返して下さい。皆様の心に木の平安から来る愛が、届きますように!

チェロと一枚板

自宅をリフォームするということでアルアートにお問合せしていただきました。そこでこの欅の一枚板を選んでいただきました。天板に大きな「節」・「キズ」がない極上モデルの欅です。さらに「かすみ杢」が出現しています。かすみ杢は照明の当て具合でキラキラ光るので、毎日違った表情を楽しめる一枚板です。チェロがとっても素敵です!

設置事例No.146の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

182
事例番号 182

その場で即決

ご家族様でご来店いただき、最初は、ケヤキなどをご紹介させていただいておりましたが、ご要望のサイズに近いクリの一枚板をご紹介したところ、何とお名前に「栗」が入るとお聞きし、クリの在庫をご紹介させていただきました!クリは硬く丈夫ですので、ダイニングテーブルにはおすすめです。クリ一枚板をとても気に入っていただき、最終的には一枚板はレジンテーブルか。。。の2択でお悩みいただき、こちらをお選びいただきました!形状的になかなかテーブルとして使用しづらいものでもレジンを流し込むことにより1枚の立派なテーブルとしてお仕上げ出来ました!クリア度も高くとても綺麗な一枚です。ベンチのご要望もいただき、ダイニングテーブルがレジンという事で、あえてレジンで埋める穴がある素材を探し、製作させていただきました。これで統一感もあり、世界にたった1つだけの「ダイニングテーブルセット」になりました!

K様

一枚板

28
事例番号 28

実物を見ないでネットの注文で少し不安はありました

ケヤキの一枚板です。天板に大きなキズが無い素材です。特殊な木目が出現しておりませんが、ケヤキのハッキリとした木目で迫力があります。脚は最も人気のあるT脚ダイニング脚です。

稲葉様

一枚板

61
事例番号 61

ケヤキのキッチンカウンターです。施工途中に納品させて頂き、大工さんが取り付けてくれました。ハッキリとした木目を生かす為、着色し建具の色と合わせました。

桐本様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール