設置事例No.173

一番驚いたのはその厚みです。

173

一番驚いたのはその厚みです。

ベンチとスツール、無事受領しました。厳重に梱包して頂き、ありがとうございます。サイズ、形、杢目とも申し分ありません! 一番驚いたのはその厚みです。数字を聞いてある程度予想はしていましたが、実物の迫力は想像以上です。テーブルよりも分厚くて存在感抜群ですね。檜の脚もとてもいい匂いがします。 妻も喜んで大はしゃぎしてます。私も嬉しくて早速写真撮りました。ご迷惑かもしれませんが、添付させて頂きます。 年末年始のお忙しい中、迅速に対応して頂き、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

「曲がり栃」を使った3つの栃

天板はもちろん、ベンチ、スツールも栃で制作させて頂きました。天板の栃は少し曲がった部分、通称「曲がり栃」を使いました。自然のカタチをできる限り活かすため、耳の部分の樹皮もブラシで磨いただけにしています。天板、ベンチともに虎杢がびっしり入っているので、見る角度によってキラキラ光るように見え、高級感が溢れますね。脚はブラック塗装で仕上げました。床も濃い色なので、宙に浮いているようにも見えますね!

設置事例No.173の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

43
事例番号 43

一枚板座卓とてもいい感じです(^^)

杉の一枚板です。落ち着いたピンク色が特徴です。真っ直ぐな木目ですので、スッキリとした印象です。床材も杉を使用しており、テーブルと非常にマッチしているのがお分かり頂けると思います。所々にある節も特徴で良いアクセントになっております

西村様

一枚板

113
事例番号 113

空間がようやく埋まりました。

アルアート史上初、このテーブルのためにお部屋を設計された小松様。私たちは小松様の夢を実現するべく、全力でお手伝いさせていただきました。こちらのテーブルは最高級の材質、ヒノキを贅沢に何枚も接ぎ合わせて作りました。サイズや色、すべてにおいて小松様と私たちのこだわりがつまっています。このテーブルは、小松様から送っていただいた写真を見ながら壁や床の色に合わせて着色しました。ヒノキのテーブルの色合いとお部屋全体の色合いがバツグンの相性です。脚も堀こたつに合わせて完全オーダーメイドで仕上げた「スペシャルな脚」を使用しています。全方向から座れるのでご兄弟やご友人を招いても安心のスペースを確保できます。小松様にとって私たちのテーブルが名脇役となれることを嬉しく思います。

小松様

一枚板

172
事例番号 172

トイレの手洗いカウンターです。大工さんから紹介していただき制作しました。欅の一枚板を使っています。壁にぴったり付けるように片耳を落として作りました。和室のテーブル、テレビボードも欅の一枚板を使って制作し、天板には節のないキレイなところを使っているます。

N.Y様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール