設置事例No.190

フワッとしたイメージにも相談にのってくれて

190

フワッとしたイメージにも相談にのってくれて

とても親切で楽しくチョイスができました。こちらの優柔不断にも付き合ってくれて、カウンター等フワッとしたイメージにも相談にのってくれて、とても理想通りのお部屋になりました。自然に囲まれた環境にも癒され。こういう環境から素敵なテーブルが生み出されるのですね! 毎日、テーブルのキラキラと木目に癒されてます。 水にも強くて使いやすくて助かっています。

栃の両サイドにアルアートレジンを流し込んだ作品

アルアート大森ショールームにご来店いただき、沢山お話させていただきました!とても気さくなご夫婦様がとても印象に残っております♪お選びいただいたのは、特に奥様に気に入っていただけた栃のレジンテーブルです。クリア度も高く、栃のトラ杢もびっしりと出現している綺麗な栃の両サイドにアルアートレジンを流し込んだ作品です。通常では小さなテーブルにしかならなかった材料をダイニングテーブルとして最高の1枚となりました!カウンター材も加工前の状態でお見せし、天板とも統一感のある空間になっておりますね!白い壁にトチがとても映えてすごくお洒落です♪

設置事例No.190の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

71
事例番号 71

やっとやっとめぐり合えた一枚板

天板のど真ん中に大きな節。これこそ一枚板!という感じがしますよね。天板の高さなどもご指定頂きました。無節の一枚板も良いですが、節有りの一枚板もオススメです。

T.A様

一枚板

4
事例番号 4

超希少な松の3000mmの一枚板テーブルです。松は大きな木が少なくテーブルとして使用できる幅の板が取れる木が非常に希少です。色合いは比較的明るいので洋風、和風問わず使用頂けます。松の弱点は、狂い(反り)が起きやすい材料ですので、天板裏には必ず反り止めを取り付けなければいけません。こちらの作品は、天板裏に溝をほり鉄の金具を取り付け反りを防止しております。お子様がおられるので、天板は傷が付き難いウレタンで塗装をしております。水分も弾くのでテーブルとしては最適な塗料と考えております。脚材は、移動が出来る固定しない脚で天板を乗せるだけで使用できるタイプの脚です。

大松様

一枚板

22
事例番号 22

ケヤキの一枚板です。非常に綺麗な天板です。耳の部分に穴が空いていますが、これも一枚板ならでは!!脚もケヤキ材を使用した三点脚。総欅テーブルです。アルアートから車で40分ほどで、工房まで御来店頂き、実際に板を選んで頂きました。これぞ一枚板!と感じる一枚板です。耳の部分に大きな穴が開いているのがわかりますか?普通のテーブルでは絶対にできない、味のあるかたちです。自然はデザイナーです

高畑様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール