設置事例No.192

諦めかけていたところでしたが

192

諦めかけていたところでしたが

最初は枝分かれしている一枚板はいろんな意味でどうなんだと迷っていましたが、長野社長から「根本から天に向かって大きく枝分かれする形は末広がりで縁起が良いもの」と説明くださり購入を決意しました。今では、枝分かれしている一枚板の個性がとてもいい味を出していてリビングに面白味が出ました。もともとは4メートルにもなる大きな欅を、余す事なくテーブルやベンチにしていただき、とても満足しています。価格面でも、これだけ大きな一枚板のセットをびっくりするような価格で販売していただき、とても嬉しかったです。一時は一枚板の価格に、購入することを諦めかけていたところでしたが、アルアートさんに出会えて本当によかったです。メンテナンスなど分からないことをお聞きするかと思いますがよろしくお願いします。また、次はテレビボードの購入も検討しております。その時はぜひよろしくお願いいたします。

アルアートレジンを流し込み、すりガラス調に

4mものケヤキ一枚板を使用し、キッチンカウンター、ダイニングテーブル、ベンチ、スツール、センターテーブルを製作させていただきました!ご要望は、「1枚で木目が繋がるようにしたい」との事で、2回程、アルアートのショールームにお越しいただき、沢山お話をさせていただきました。実際にまだ研磨前の原板の状態でご紹介させていただき、ケヤキ、クスでご検討いただきました。ケヤキ、クスともに木目、色合いが綺麗なもので、沢山お悩みいただき、ケヤキをお選びいただきました。枝分かれ部分側をダイニングテーブルとのことでしたのでアルアートレジンを流し込み、すりガラス調に仕上げました。納品にもお伺いさせていただき、フローリングなどのお色ともベストマッチで最高のリビングダイニングの空間でございました!

設置事例No.192の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

97
事例番号 97

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ

ブラックウォルナットを贅沢に使った一枚板テーブルです。ダイニング、センターテーブル、小さめベンチも全てブラックォルナットです。また、全ての脚をブラックで着色しています。ブラック系のお部屋に、レッドレザーのソファーがセクシーですね。

佐伯様

一枚板

ブラックウォルナット

94
事例番号 94

キターー(゜∀゜)ーーーコレ!!

ぱっと見、一枚板に見えないようなワイルド感が溢れています。栃の「虎杢」が非常に綺麗に見えますね。栃の美しい白身が黒い絨毯でかな~~り目立ちますね。「自然」な感じが伝わる素敵な一枚板ですね。

塚本様

一枚板

194
事例番号 194

これからのあなたの人生良いことしか起こりませんよ

ホームページからご購入いただき、ダイニング脚も製作させていただきました。スギは、枝が多い木です。枝が多いという事は、スライスし一枚板となってから「節」をして出現します。その枝が多い木の長さ2800㎜の一枚板。まさか、、大きな節は1つもありません!!それに加えてあの有名なスギの3大ブランドの1つ、「霧島杉」なのです。これはもう奇跡の1枚としか言いようがありません。こんな希少な1枚をアルアートのホームページから見付けてくださり、本当にありがとうございました。お写真をいただいた際、とても気持ちがほっこりといたしました。楽しそうに電子ピアノを弾かれるお姿や、このスギと一緒に写っているお姿が拝見でき、とても幸せです。なんとご趣味が木工という事もあり、共通点もあって今後もお力になれれば幸いでございます!また次回の機会を楽しみにしております!

T.Y様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール