設置事例No.3

3

15人掛け!?特大3000mmの一枚板

長さ3000mmの超特大テーブルのオーダーメイド品です。杉の中でも木目の細かい事で知られる「秋田杉」を使用しました。ハッキリとした木目と赤身と白身が分かれている材料です。年に数回親戚が集まるとの事で15人掛テーブルです。もともとあるイスの高さに合わせテーブルの高さを決め、長いテーブルを支える為のオリジナル脚も制作しました。天板の耳の部分も樹皮が少し残る様な加工をし自然な感じを残しました。秋田杉の一枚板で、長さ2600mmです。12人がけテーブルで、大迫力です、マキストーブともマッチしていると思います。真っ直ぐ成長するのが杉の特徴。この一枚板も例外では無く、形が整っております。

設置事例No.3の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

154
事例番号 154

何年も前から「いつかは一枚板を」と

樹齢250~300年ほどの大きなケヤキを使った一枚板テーブルです。このケヤキは寒い地域で育ちました。寒い地域で育った木は、成長が遅く、詰まった木目が特徴になります。そして、その木目が詰まったケヤキを「本欅(ほんけやき)」といいます。虫眼鏡がないと木目を数えるのが難しいほど、木目が細かくとっても貴重な一枚板です。そして、一枚板の特徴を残すために「枝分かれ部分」をわざと残し、個性的なカタチに仕上げました。

M.Y様

一枚板

118
事例番号 118

一枚板はとにかく高い

人気NO.1の材質、ケヤキの一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、一年一年の木目がはっきりと出ていますね。節もなく欅(ケヤキ)の魅力が凝縮されています。和室テーブルはもちろんですが、比較的明るい色合いなので洋間にも合いますね。ミミは天然木の風合いを活かし、皮をむいて磨いただけの職人の「こだわり」です。

Y.Y様

一枚板

39
事例番号 39

堀コタツにアルアートの天板を選んで頂きました。脚は大工さん製作です。堀コタツのサイズにピッタリと合わす事が必要ですので、現場の大工さんに完全におまかせしました。材質は栓(セン)というあまり知られていない材質ですが、なかなか良い材質です。

山本様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール