設置事例No.69

理由は「長野様の板に対する強い熱い想い」

69

理由は「長野様の板に対する強い熱い想い」

長野様 この度は大変お世話になりました。何枚も何枚も私のイメージを探りながら、都度その板の良し悪しをきちんとご説明いただき、当初予定「松」を選択させていただくことになりました。理由は「長野様の板に対する強い熱い想い」です。「こんな松見たことがないので、選ばないと後悔しますよ」とメールだけご覧の方には少し強い言葉に聞こえるかもしれませんが、この過程に何十回とやり取りをしており、それくらいプロの目から見ても素晴らしい板なのだと感じられた「強い熱い想い」でした。家に届いた「松」を置くと、2間幅の大開口窓から望む先にも「松」。これは偶然のような必然。きっと巡り合わせだと思います。これから長く付き合う板とともに、大切な家族との時間を過ごす寛ぎの空間に相応しいこの板と長く過ごしていきたいと思います。本当にお世話になりました。

ダブルで楽しめる「松」

直径1000mmを超える松の一枚板です。アルアート史上、最も幅広の松です(2015/03/20現在)アルアートまでお越し頂き、材料を選んで頂きました。松ならではの白身がいいですね。窓から見える「松」と和室の「松の一枚板」ダブルで楽しめますね!

設置事例No.69の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

5
事例番号 5

こちらの板は脚、天板ともに着色したタイプです。耳の部分と脚を木目が見えなくなるまで茶色に着色しました。材質は杉で、茶色っぽい心材の色に合わせ着色しましたので、木目が見えなくなっても違和感はありません。FAXでイメージを送って頂き、お客様とともに制作いたしました。世界に一台のテーブルでお客様の好みに合わせ制作しました。脚も茶色に塗りオリジナル脚です。

金谷様

一枚板

109
事例番号 109

思いもかけずトントン拍子に

こちら、一枚板テーブルに見えませんか?実は欅(ケヤキ)のはぎ合わせテーブルなんです。2枚の接ぎ合わせテーブルで同じ木から採れた材料を使ったので一枚板のように仕上がりました。欅(ケヤキ)ならではの杢目など、良いところを贅沢に使い、個性的な雰囲気を残しました。

齋藤徳吉様

一枚板

131
事例番号 131

一枚板を守り続けることが使命だと言ってくれました

一筋の赤身がはいった栃の一枚板。真っ白なお部屋に映える赤身が、アクセントになっています。白身にはかなり貴重な「虎杢」が広がっています。上からライトを当てることでどこから見ても光り輝き、杢目がイキイキしています。これぞ栃です。また、脚もオーダーメイドでご注文いただきました。流れるようなこの「一筋の赤身」があるからこそ、美しく、世界に1つだけの素晴らしい一枚板になりますね。

柴田様

一枚板

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール