設置事例No.71

やっとやっとめぐり合えた一枚板

71

やっとやっとめぐり合えた一枚板

長野様 栃の一枚板届きました!偶然にも私の誕生日で、二重の喜びでした。パソコン(写真)を通して選んだ板でしたが、実際に届いて開封してこの目で初めて確認した印象は、最高に良かったです。少し気になっていた真ん中にある節さえも、逆に個性というか美しく感じます。虎モクもとても美しいです、まるで水面の波紋のようにキラキラしていて素敵です。 脚の高さの希望も快く引き受けて頂きありがとうございました。欲を言えば、脚の留め具の穴を埋める処理をもう少し丁寧にして欲しかったです(ざらつきの改善)。又、写真での板の印象と実物の印象を近づけるために、できればすべて動画で紹介して頂いたほうが(何人掛けかリアルにわかるように人が座った状態も欲しいです)ありがたいかな、と感じました。 とにもかくにも、妻も大変喜んでいます。息子は、天板表面のひび割れを綺麗に埋めて加工している部分の模様が気に入ってます。やっとやっとめぐり合えた一枚板、我が家のリビングに設置して部屋の雰囲気がぐっと落ち着きを増し、どっしりと且、自然の中にいるようなゆらぎ感を味わい癒されています。本当にありがとうございました。

この節が一枚板の証拠

天板のど真ん中に大きな節。これこそ一枚板!という感じがしますよね。天板の高さなどもご指定頂きました。無節の一枚板も良いですが、節有りの一枚板もオススメです。

設置事例No.71の写真を見る

他の設置事例はどうですか?

180
事例番号 180

商品・価格・対応と全てに満足

ケヤキの一枚板の赤身の部分のみブラウンで着色し、お部屋とのコントラストを合わせた作品です。この着色方法はアルアート独自のもので、他の一枚板屋さんからも「すごい!」と評価を受けた技術になります!また脚はロの字型で、ヒノキの80×40㎜角材をブラックに着色しており、まるでアイアン脚のようにシックな印象を引き出し、尚且つコストを抑えることができます!ダイニング脚とは別に座卓脚もブラックにてお作りさせていただきました。ケヤキ一枚板ベンチも天板の色合いに合わせて着色し、脚も同じくブラック着色です。天板、脚、椅子、ベンチ、すべてが統一感があり、とてもおしゃれですね!

M.Y様

一枚板

59
事例番号 59

ケヤキのダイニングテーブルです。個性的な形です。枝分かれ部分を使用しております。着色し、お部屋の色合いと合わせました。圧巻は脚。脚材もケヤキで、直径100mm程の材料を贅沢に使用しております。完全オーダーメイドです。

高木様

一枚板

6
事例番号 6

居酒屋様からのご依頼です。内装を大きく変更する際、アルアートの一枚板を選んで頂きました。テーブル、椅子全て一枚板でできております。圧巻はカウンターで、曲がっている部分も全て一枚板でつなぎ合わせ、一枚の大きなカウンターに仕上げました。全体的に落ち着いた内装でしたので、全てブラウン系で着色しました。玄関を入ると、一番に目に入るテーブルですので、欅材の色が綺麗に出ている材料を使用しました。欅は傷が付き難いので、お店のテーブルとしては最適です。また、色が元々茶色っぽいので、日光が当たる場所で木が日焼けしてしまっても、自然な感じが消えないので玄関周りには最適と考えました。イスはもともとありましたので、椅子に合わせ高さを調整し制作しました。カウンターは長さ4500mmの栃を使用しキラキラと光る木目を引き立たせるため着色しました。全体的に茶色っぽい色をイメージし制作したオリジナルテーブルたちです。

鳥昇様

一枚板

欅, 栃

Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール