【設置事例100】素敵な家族と素敵な一枚板

  • お客様麻生様

  • 材質胡桃 栃

  • うれしいお声麻生様のお声あります!

全く雰囲気の違う一枚板を2枚購入してくださいました。ダイニングテーブルには独特の光沢を持つクルミを選ばれました。壁が真っ白なので、一枚板の存在感が引き立ちますね。天板に合わせて脚をブラック塗装で仕上げました。脚のブラック塗装は非常に珍しいですが、暗めの床との相性は想像以上です。ソファー前のセンターテーブルには絹のような光沢のあるトチを選ばれました。クルミのダイニングテーブルとはガラッと雰囲気が変わりますね。脚は真っ白なヒノキを使って統一感を出して仕上げました。(娘さん、かわいいですね。アルアートのスタッフ全員が一瞬で癒やされました)

麻生様から頂いた、うれしいお声はこちら

あけましておめでとうございます。麻生です。 お返事遅くなり大変申し訳ないです。 なんせ、子供が生まれて、てんてこ舞いだったもので。 さて、待望の一枚板が届いたわけですが、現物を見させていただたいた感想は、予想の斜め上を行く一枚板でした。 思えば、私が一枚板に興味を持ったのは母の影響です。 ちなみに母の家には2メータークラスの栃の一枚板があります。 母が購入した際も一緒にいろいろ見に行ったものです。 さてこのたび、私は結婚をして(結婚は2年前ですが)、家を建てて、平成27年10月28日に娘が生まれました。 何か記念になるものがほしいということで、一枚板を購入しようと決心をしました。 出産前に県内の色々な家具屋さんを見て回りましたが、サイズも大きかったり、小さかったり、そしてどれも高価な品ばかり、手が届きませんでした。 初めは興味のなかった嫁も板を見て回るたびにどんどん一枚板に魅了されていきましたがやはり一枚板は高い・・・ 嫁はあきらめモード? しかし私はどうしても一枚板が諦めきれずにいました。 そしてパソコンで検索していたところ出会ったのがアルアートさんでした。 住んでいるところが遠いため通販になり、そして現物を見ることができないということで少し心配でしたが駄目もとでメールそれから長野様、中島様との何回ものメールのやり取りが始まりました。 色々な角度の写真を送っていただき、気になるところも説明してくださり、納得のいくまで相談していただいたことを今でも覚えています。 今回はウォールナットを購入しましたが、着色に関しても何枚もの着色サンプルも快くいただきました。 もうここまでしていただいたら少し予算オーバーしてもアルアートさんで購入するしかないと思っていましたが「驚愕の値段でした」いままで見てきた一枚板は何だったんだ感じです。  当初はリビング用のテーブルだけでしたが想像以上のお値段だったため和室の栃の板も一緒に購入することもできました。 (現在はベビーベッドがあるためリビングに設置中) それも当初予定していた半分以下の値段で購入できました。 板もカットしていただいたのですが快く引き受けてくださりました。 ここまで価格を下げるということは相当な企業努力をされているのでしょう。 このたびは本当にありがとうございました。 これからもお体に気を付けて一枚板ファンを増やしてください。

一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求