一枚板 榎の特徴

楓はあなたにおすすめ

榎はニレ科エノキ属で高さ20m以上の大木に成長する事もあります。

材の色は白色~黄褐色です。堅く傷付きにくいので、テーブルに適しています。辺材と心材の境が明瞭でなく、昔から建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われていました。風合いが似ている事から欅(ケヤキ)の代用とされる事もあります。着色すると欅ソックリの木目がでることも・・・。余談ですが、東京競馬場の3コーナーに生えている大木も大欅と呼ばれているが実際は榎です。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例001 小さな子供がいても安心。傷に強い欅

佐野さまの設置事例。

こちらの板は、当店の近くで新築される方にご購入頂きました作品です。床に無垢材を使用しており、床の色に合った天板を選んで頂きました。小さなお子様がいる為、傷が付き難い材料”欅”をオススメし6人掛でも使用できる長さで制作しました。1800mmあればゆったりと6人座れるのですが、お部屋のバランスも考え1650mmとなりました。対面キッチンの前に置く為、カウンターの高さと合わせ床から天板上部までの高さを720mmにするなど、細かな所まで使い勝っての良さを追求しました。

設置事例019 ALLアルアート

西脇さまの設置事例。

ケヤキの一枚板、極上品です。天板に大きなキズも無く、綺麗な木目、最高ランクです!!木目の入り方も『出会い木』と呼ばれ、縁起の良い木目です。ベンチも欅材を使用しております。天板の色合いに合わせ、材料を探し制作致しました。

設置事例168 隙間を隠すための板

S.Eさまの設置事例。

ブラックウォルナットの一枚板を使用して制作した「隙間を隠すための板」です。濃い色合いのところだけを使いサイズ通りに制作しました。「畳と壁の間を無くしたい」という要望でした。

設置事例028 部屋の雰囲気が変わる欅の一枚板

稲葉さまの設置事例。

ケヤキの一枚板です。天板に大きなキズが無い素材です。特殊な木目が出現しておりませんが、ケヤキのハッキリとした木目で迫力があります。脚は最も人気のあるT脚ダイニング脚です。

設置事例078 とにかく幅広の一枚板

H.Tさまの設置事例。

アルアートに3回もご来店いただきました。H.T様のご希望は「とにかく幅広の材料」でした。材質は傷に強い欅を採用させていただきました。無垢チェアもアルアートのものをご利用いただいています。

設置事例175 自然な色、自然なカタチの楠

A.Tさまの設置事例。

楠の一枚板テーブルです。楠はナチュラルな色合いであるため、白っぽい床、壁でも良く合います。この天板には大きなキズもない貴重な材料を使っています。耳の部分は少しだけ皮をめくって、磨いただけにし、木の味をそのまま残しています。耳の部分が少し黒くなっているが、あえて切り落とさずにそのままにしています。磨いて天板と同じような色合いにすることはできますが、このような「自然なカタチや色」にする仕上げ方もできます。脚は三点ダイニング脚を採用し、お誕生日席側からも座れるように作りました。

楓ギャラリー1 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求