一枚板 榎の特徴

楓はあなたにおすすめ

榎はニレ科エノキ属で高さ20m以上の大木に成長する事もあります。

材の色は白色~黄褐色です。堅く傷付きにくいので、テーブルに適しています。辺材と心材の境が明瞭でなく、昔から建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われていました。風合いが似ている事から欅(ケヤキ)の代用とされる事もあります。着色すると欅ソックリの木目がでることも・・・。余談ですが、東京競馬場の3コーナーに生えている大木も大欅と呼ばれているが実際は榎です。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例049 昔ながらの一枚板

匿名さまの設置事例。

個性的な形の一枚板です。ご購入からしばらくして、写真とお喜びを声を手書きで頂きました。ブラウン系の色で着色しておりますので、和室に最適です。個性的な形ですのです。これぞ一枚板といった迫力があります。

設置事例035 玄関~ダイニング。一枚板づくし

林さまの設置事例。

オーダーメイドのソファーダイニングテーブル、和室テーブル、玄関の式台を納品させて頂きました。トチの一枚板は、赤身部分が固定的な色合いをしております。トチは通常、白身が人気ですが、この様な模様が出現すると赤身も面白いです。

設置事例042 納品まで約半年。部屋との統一感がイイ!

拂川さまの設置事例。

樅の一枚板です。大きな枝があった部分を使用しているため、節出現しております。人工では決して作り出すことのできない、味わいがあります。ログハウス調のご家庭で、床材も樅に似た樹種のため、お部屋の雰囲気にピッタリです。家の完成前にテーブルを決めて頂き、納品まで約半年アルアートで保管させて頂きました。

設置事例161 小さな節がアクセント

M.Sさまの設置事例。

枝分かれ部分を使った欅の一枚板を選んで頂きました。壁側に付いている方が枝分かれ部分ですね。ごらんの通り、明るく茶色っぽい色合いの欅です。ところどころにある小さな節がアクセントになって「一枚板感」が出ていますね。枝分かれ部分はあえて残し、活かしています。イスもすべてアルアートのイスを使って頂いております。

設置事例117 ビッグブラックウォルナットの一枚板

窪田さまの設置事例。

「世界三大銘木」ブラックウォルナットの一枚板テーブルです。 長さ1800mm、幅は900mm超えのビッグサイズです。 このサイズのブラックウォルナットは珍しく、別格の存在感を放っていますね。 木目が真っ直ぐでキレイなのが特徴です。上から見ると、天然の原木が思い浮かぶほど、自然な風合いが残っています。一枚板の「ブラック」に映えるオーガニックチェアがとてもオシャレで、センスが光っています。

設置事例055 超一級ケヤキを使った一枚板

片岡さまの設置事例。

ケヤキの一枚板です。天板に一切節、キズが無く、非常に綺麗な一枚板です。カスミ杢も出現し、ケヤキの中でも最高ランクの作品です。東京から御来店頂き、実際に一枚板を選んで頂きました。商品到着後、写真をご送付頂きました。

楓ギャラリー1 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求