一枚板 榎の特徴

楓はあなたにおすすめ

榎はニレ科エノキ属で高さ20m以上の大木に成長する事もあります。

材の色は白色~黄褐色です。堅く傷付きにくいので、テーブルに適しています。辺材と心材の境が明瞭でなく、昔から建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われていました。風合いが似ている事から欅(ケヤキ)の代用とされる事もあります。着色すると欅ソックリの木目がでることも・・・。余談ですが、東京競馬場の3コーナーに生えている大木も大欅と呼ばれているが実際は榎です。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例096 無垢チェアで「遊び心」

松川さまの設置事例。

ご来店いただいた際に、天板に一目惚れしていただきました。脚はオーダーメイド、ブラック塗装させて頂きました。黒白系のお部屋に「栃の白身」が輝いています。脚をブラック塗装しているため、天板に迫力が出ます。バラバラの無垢チェアを設置することで、遊び心が出て楽しい雰囲気になりそうですね。

設置事例056 無垢は一枚板だけじゃない!

日尾さまの設置事例。

長さ1800 幅900 の杉のはぎ合わせです。一枚板でこのサイズですと超高額になりますが、はぎ合わせだからできる価格で、販売させて頂きました。納期もギリギリでしたが、ご満足頂ける頂けたとのご連絡をお電話で頂き、感激しました。

設置事例170 白いお部屋でキラキラ栃

T.Mさまの設置事例。

天板には虎杢がギッシリ!栃の一枚板です。このキラキラ輝く栃の一枚板は本当に、本当に人気のある材質です。写真のように窓際に設置することで、日の入り方で表情がガラッと変わる一枚板になりますね。長さ2000mmあるためゆったり6人掛けとして使えるサイズです。厚みも50mmあり、ずっしり重厚感も感じられます。脚はホワイトで塗装し、白っぽいお部屋にマッチする一枚板になりました。

設置事例132 赤身をさらに赤く

H.Mさまの設置事例。

ケヤキといえばこの色合い!この一枚板は、ケヤキならではの赤身と年輪を活かすため、赤身のところだけを塗装しました。赤身を塗装することで一年一年の年輪や木目が強調されます。これぞ「天然木」という風合いを楽しめます。全体的に深い色合いのお部屋に馴染んでいます。さらにダイニング脚もオーダーメイドで、濃い色に着色させていただきました。イスにもこだわりがありますね!

設置事例072 「コダワリの家」に「コダワリの一枚板」

H.Mさまの設置事例。

新築のタイミングでアルアートをご利用いただきました。一枚板、ベンチ共に楠で製作させて頂き、無垢チェアもアルアートをご利用頂きました。床が天然木なので、一枚板は最高にマッチしますね!ベンチの高さは、イスの高さに合わせて製作しました。

設置事例107 溶けるモミ

田中さまの設置事例。

当初材質を悩まれていましたが、ログハウス調のお部屋に樅(モミ)がよく合います!よーくみると室内にマウンテンバイクがあったり、私も親近感を感じてしまいます・・・。2000mmある大きなダイニングテーブルとこたつ用のテーブルが「色合い」と「節」が壁と床にキレイに溶け込んでいますね。

楓ギャラリー1 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求