一枚板 榎の特徴

楓はあなたにおすすめ

榎はニレ科エノキ属で高さ20m以上の大木に成長する事もあります。

材の色は白色~黄褐色です。堅く傷付きにくいので、テーブルに適しています。辺材と心材の境が明瞭でなく、昔から建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われていました。風合いが似ている事から欅(ケヤキ)の代用とされる事もあります。着色すると欅ソックリの木目がでることも・・・。余談ですが、東京競馬場の3コーナーに生えている大木も大欅と呼ばれているが実際は榎です。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例012 人工的に加工されていない一枚板

吉田さまの設置事例。

兵庫県よりご来店頂き、板を選んで頂きました。人工的に加工されていない、『木』そのままの様な材料を探しで、何枚もご覧頂き、たどり着いたのが、欅のうねるような木目が出ている一枚板でした。実際に設置する場所の写真も携帯で撮って頂き、イメージが私にも良く伝わり、良い一枚板をご紹介することができました。

設置事例116 美しい銀杏のこたつ

K.Cさまの設置事例。

「反り」や「割れ」などの狂いが少ない銀杏(イチョウ)の一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、大きな色ムラもなく、銀杏(イチョウ)ならではの真っ白な色合いが特徴的です。また、ところどころにある節もアクセントになっていて、天然木の風合いが楽しめますね。座卓のこたつ用テーブルに製材させていただきました。大きな観葉植物ともとても馴染んでいますね。

設置事例094 スーパーワイルド一枚板

塚本さまの設置事例。

ぱっと見、一枚板に見えないようなワイルド感が溢れています。栃の「虎杢」が非常に綺麗に見えますね。栃の美しい白身が黒い絨毯でかな~~り目立ちますね。「自然」な感じが伝わる素敵な一枚板ですね。

設置事例104 「コダワリ脚」

N.Tさまの設置事例。

栃の魅力を最大限に活かしたはぎ合わせテーブルです。広範囲に広がる虎杢がギラギラと光るため、角度で全く見え方が変わるのも味がありますよね。脚はこだわりがつまっています。「こんな感じで」とイメージを教えていただきオーダーメイドで仕上げました。脚が違うとお部屋がすっきり見えますね。

設置事例148 栃のさば杢。美しい

須田さまの設置事例。

5~7本も枝分かれしていた木から作った、栃の一枚板です。枝分かれ部分を使うことで、赤身が分かれるので個性的な「色合い」や「木目」が出現します。そして、枝分かれ部分にしか出現しない「さば杢」が写真の手前(一枚目の写真)の方に出現しています。これは天然木でしか感じられない迫力を感じていただける作品です。このような「さば杢」は人工的に出すことができません。自然が作る杢、美しいですよね。枝分かれ部分はキズができやすくなってしまいますが、この一枚板はキズがないのでと~~っても希少価値の高い一枚板です。

設置事例136 楠が活かされたナチュラル一枚板

T.Mさまの設置事例。

楠にしか出せないナチュラルなテイストを100%活かした一枚板テーブルです。折り重なる赤、茶などの年輪の色合いがすばらしい仕上がりです。天然木の床と、天然木の柱があるお家にピッタリです。その中でも楠のカラー、縞模様はどの角度から見てもインパクトがあります。天板、ダイニング脚、イスまですべてアルアートでご用意させていただきました。

楓ギャラリー1 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求