一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例026 こんな所にも一枚板。カウンターも

匿名さまの設置事例。

「床、天井共に天然木、しかしテーブルだけ合板は・・・。さらに予算も限られている・・・。」そこで、アルアートをご利用頂きました。ケヤキの一枚板を黒っぽく着色して、ブラックウォールナットに近づけました。着色する時に、木目が消えないように丁寧に作業をしました。そして、紫外線が当たっても色があせないようにセラウッド塗装もしております。

設置事例116 美しい銀杏のこたつ

K.Cさまの設置事例。

「反り」や「割れ」などの狂いが少ない銀杏(イチョウ)の一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、大きな色ムラもなく、銀杏(イチョウ)ならではの真っ白な色合いが特徴的です。また、ところどころにある節もアクセントになっていて、天然木の風合いが楽しめますね。座卓のこたつ用テーブルに製材させていただきました。大きな観葉植物ともとても馴染んでいますね。

設置事例071 この節が一枚板の証拠

T.Aさまの設置事例。

天板のど真ん中に大きな節。これこそ一枚板!という感じがしますよね。天板の高さなどもご指定頂きました。無節の一枚板も良いですが、節有りの一枚板もオススメです。

設置事例166 3種の「杢」が出現

T.Nさまの設置事例。

かすみ杢、あずき杢、鳥眼杢(バーズアイ)、3つの杢が出た欅の一枚板テーブルです。桜の花びらを散りばめたような木目が特徴的です。この3つの杢、そして木目を引き立たせるために両端の白太は落とし、全て赤身で仕上げたテーブルです。ソファーでも立ち座りしやすいようにI型脚を作りました。

設置事例131 流れる一筋の赤身

柴田さまの設置事例。

一筋の赤身がはいった栃の一枚板。真っ白なお部屋に映える赤身が、アクセントになっています。白身にはかなり貴重な「虎杢」が広がっています。上からライトを当てることでどこから見ても光り輝き、杢目がイキイキしています。これぞ栃です。また、脚もオーダーメイドでご注文いただきました。流れるようなこの「一筋の赤身」があるからこそ、美しく、世界に1つだけの素晴らしい一枚板になりますね。

設置事例092 ケヤキ空間

制野さまの設置事例。

インパクトのある欅の一枚板をご購入いただきました。ゴツゴツした感じがでている耳と節が良いアクセントになっていますね。ダイニングテーブルのベンチも欅の天板に合わせてオーダーメイドでご依頼いただきました。ダイニングテーブルにはベンチとIチェアを設置していただいておりますね。写真2枚目のセンターテーブルもちろん欅です。写真2枚目のPC台にはアルエイトを設置していただいております。写真1枚目のテレビ台もアルアートでフルオーダー制作させていただきました!

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求