一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例170 白いお部屋でキラキラ栃

T.Mさまの設置事例。

天板には虎杢がギッシリ!栃の一枚板です。このキラキラ輝く栃の一枚板は本当に、本当に人気のある材質です。写真のように窓際に設置することで、日の入り方で表情がガラッと変わる一枚板になりますね。長さ2000mmあるためゆったり6人掛けとして使えるサイズです。厚みも50mmあり、ずっしり重厚感も感じられます。脚はホワイトで塗装し、白っぽいお部屋にマッチする一枚板になりました。

設置事例007 超極厚!100人乗っても大丈夫?

鬼頭さまの設置事例。

新築をされる方に購入して頂きました板です。厚み重視!厚み180mmの超極厚の作品です。材質はヒバで、防虫、消臭効果があると言われています。高級材料の一つです。床材も無垢を使用しており、明るい床でしたので、一枚板も明るい感じの色を選んで頂きました。とにかく迫力重視とのとこで、厚み以外にも木目が細かい材料でもあります。手触りも楽しむ為に無塗装で引き渡しをしました。

設置事例171 一枚板らしい「窪み」をそのままに

A.Hさまの設置事例。

欅の一枚板をお部屋の色に合わせて、赤身部分をブラウン色に塗装させて頂きました。天板に一ヶ所だけ窪んだ部分があります。これは直径50cmぐらい大きな枝があった部分でそのためこのようなへこみができました。この部分をあえて切り落とさずに、一枚板らしい「自然の形」を残したまま作りました。整った形の中にもこのようなアクセントがあるといいですね。

設置事例036 これが、ワイルド銀杏の一枚板

高橋さまの設置事例。

個性的な形をした銀杏です。枝分かれ部分を使用しておりますので、耳の部分に枝があった所が見え、これぞ天然木といった味があります。明るい色合いの材料ですので、洋間のダイニングに最適な材質です。

設置事例106 優しい銀杏

渡邉さまの設置事例。

アルアートまでお越しいただきありがとうございました。偶然のご縁でしたが気に入っていただけて私も嬉しく思います。銀杏の良いところだけを贅沢に使って仕上げました。優しい印象を与えてくれる銀杏の色味が新居にマッチしていますね。

設置事例008 折り重なる様な木目。カスミ杢

さまの設置事例。

こちらの板は欅で天板に一切傷の無い作品です。欅で赤身と白身が分かれている材料です。木目がハッキリしていて、折り重なる様な木目(カスミ杢)が現れていることが特徴です。欅材で最も重要視されている赤身の色も綺麗で、天板に一切傷の無い材料、最高級品です。赤身が濃い色合いなので和室にピッタリの作品です。脚材も欅を贅沢に使用し幕付き脚と言うタイプを採用。天板脚共、欅を使用し、総欅テーブルです。

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求