一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例039 大工さんと作った掘りコタツ。材質は栓

山本さまの設置事例。

堀コタツにアルアートの天板を選んで頂きました。脚は大工さん製作です。堀コタツのサイズにピッタリと合わす事が必要ですので、現場の大工さんに完全におまかせしました。材質は栓(セン)というあまり知られていない材質ですが、なかなか良い材質です。

設置事例086 オール・トチ

H.Kさまの設置事例。

天板も脚も「オール・トチ」です。木の根っこの方を使った一枚板なので、虎杢がばっちりでています。通称「根木」ともいいます。ギラギラして、平均的な栃の一枚板に比べて虎目が多いのが特徴です。天板のインパクトに負けないように、オーダーメイドで脚も栃を使用しています。

設置事例019 ALLアルアート

西脇さまの設置事例。

ケヤキの一枚板、極上品です。天板に大きなキズも無く、綺麗な木目、最高ランクです!!木目の入り方も『出会い木』と呼ばれ、縁起の良い木目です。ベンチも欅材を使用しております。天板の色合いに合わせ、材料を探し制作致しました。

設置事例131 流れる一筋の赤身

柴田さまの設置事例。

一筋の赤身がはいった栃の一枚板。真っ白なお部屋に映える赤身が、アクセントになっています。白身にはかなり貴重な「虎杢」が広がっています。上からライトを当てることでどこから見ても光り輝き、杢目がイキイキしています。これぞ栃です。また、脚もオーダーメイドでご注文いただきました。流れるようなこの「一筋の赤身」があるからこそ、美しく、世界に1つだけの素晴らしい一枚板になりますね。

設置事例135 ベストマッチ欅

O.Kさまの設置事例。

天板に一切「節」がありません。人気ナンバーワンの材質ケヤキの中でもかなり優秀な一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、枝分かれが始まる寸前の部分から作りました。そのためとても個性的な木目が出現しています。ほんの少しだけ曲がった感じの木目がおもしろい作品です。床の色に合わせてこの天板を選んでもらったのでこれ以上ないくらいベストマッチな色合いをしています。

設置事例009 艶!艶!艶!

さまの設置事例。

この天板は栃です。自然な形をそのままに加工した作品となります。栃は現在在庫希少品、その中でも上位クラスの材料で、最大幅が900mm近くある材料は超希少品です。色合いも、自然な感じで白過ぎず茶色過ぎずで洋風、和風問わず使用して頂ける材料です。天板に艶を持たせ、栃が本来持つ艶を引き立てました。脚はお客様ご用意で今まで使用してきた天板と脚セットの天板だけ差し替えと言う形です。脚の写真を送付頂き、強度、サイズに問題ないか確認させて頂きました。

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求