一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例066 ブラック・トチ

佐藤さまの設置事例。

東京からわざわざお越し頂きました。珍品堂を見てお越し頂きました。 栃の一枚板、栃のベンチをご利用頂きました。ブラックで着色しました。無垢チェアもご購入頂きました。

設置事例025 ただ一言「素晴らしい」

山田さまの設置事例。

トチのダイニングテーブル。センターテーブル。TV台。全てトチの一枚板です。テレビ台も色々打ち合わせ、この様な重ねる形になりました。センターテーブルもトチ材で一切赤身の入っていない所を使用しております。ダイニングテーブルは虎杢が綺麗に出現した素材を使用しております。照明もいい感じで、虎杢を良く引き立ててくれております。

設置事例062 一枚板のある「オシャレなオフィス」

匿名さまの設置事例。

霧島杉の一枚板です。アルアートのラインナップの中でも最高の霧島杉です。笹杢と呼ばれる笹の葉を思い浮かべる様な杢目も出現し、サイズも幅900mm!!最高の木目、最高のサイズ、。逸品です。ダイニング脚はヒノキを使用しております。無塗装ですので、ほのかにヒノキの香りがします。

設置事例108 二人の「好き」が詰まったステキな部屋

鳥飼さまの設置事例。

存在感のある欅は、ウォルナット塗装で赤身のみ黒く塗り、白身はあえて残しました。 加工前の原板だったためイメージが付きにくかったと思いますが・・・鳥飼さんのおっしゃる通り、ダークトーンのお部屋に木目とウォルナットが映えていて存在感がありますね!お二人のこだわりが詰まったステキなお部屋にアルアートの一枚板を選んで頂き嬉しく思います。

設置事例031 美しすぎる欅の一枚板ダイニング

匿名さまの設置事例。

天板に大きなキズがない、無節のケヤキの一枚板です。長さ2000mm、幅800mmを超える非常に珍しい一枚板でした。100本の材料から、1本程度しか作ることができない板でした。元々は、2500mm程度の材料でしたが、無節にするため500mmを捨てて制作しました。ケヤキの中でも極上ランクですね!

設置事例158 黄金色のうねる木目

石田祐也さまの設置事例。

「うねる木目」が特徴の欅の一枚板です。黄金色に輝くこの一枚板、目をこらしてじっくり見て下さい。 実は天板に細かな節がたくさんあることに気がつくはずです。この細かな節が「うねり模様」を作り上げています。 この存在感は一枚板にしか出すことができません。そして白太(一枚板のミミの部分です)。白太も一枚板らしい美しさが出ています。 様々な色の木を使ったお部屋ですが、一枚板の色も良い感じにマッチしていますね!

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求