一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例132 赤身をさらに赤く

H.Mさまの設置事例。

ケヤキといえばこの色合い!この一枚板は、ケヤキならではの赤身と年輪を活かすため、赤身のところだけを塗装しました。赤身を塗装することで一年一年の年輪や木目が強調されます。これぞ「天然木」という風合いを楽しめます。全体的に深い色合いのお部屋に馴染んでいます。さらにダイニング脚もオーダーメイドで、濃い色に着色させていただきました。イスにもこだわりがありますね!

設置事例103 子供と使う一枚板

谷原さまの設置事例。

アルアートまでお越し頂き、ありがとうございました。耐湿・耐久性に優れているクスを選んで頂きました。これだけの大きさがあればお子さんも広々使えますね。脚はダイニングと座卓を兼用で仕上げました。2ウェイ仕様の脚ですが、安定感がありお子さんがいても安心して使えます。床の「節」・「色」とマッチがとてもいい感じですね。

設置事例024 これが一枚板の迫力

山田学さまの設置事例。

厚み70mmもある重厚な杉の一枚板です。ダイニング十分な幅もあり、対面テーブルにも十分ご使用頂けます。杉は真っ直ぐ成長する木ですので、比較的長方形ですので、使用しやすい樹種です。名古屋より御来店頂き、実際に現物を選んで頂きました。

設置事例142 ブラックウォルナットの一枚板?

H.Kさまの設置事例。

一枚板と間違えそうですが、実はブラックウォルナットの一枚板を3枚使った接ぎ合わせテーブルです。違う木からとれた一枚板を接ぎ合わせると、木目や色合いにばらつきが出てしまいバランスが悪くなってしまいます。ですが同じ木からとれた一枚板を使うことで色合いや木目を合わせることができます。ぱっと見ると一枚板に見えるように仕上げたこだわりの作品です。値段を抑えて天然木の一枚板テーブルをお探しでしたら接ぎ合わせテーブルもおすすめです。そして脚は、真っ黒に塗ることもできますがブラックウォルナットの色合いに合わせて塗装しました。脚もテーブルやお部屋の雰囲気に合わせて塗装できるのでご相談ください。また、イスもアルアートでそろえていただき、ベンチはテーブルと同じブラックウォルナットの一枚板で作りました。全体的に統一感がありまとまった仕上がりになりました。

設置事例127 黒×黒。絶大なインパクト

I.Nさまの設置事例。

深い色合いがインパクト大のブラックウォルナットの一枚板テーブルです。材料が枝分かれ部分を使っているので、木目に遊び心がある作品です。アルアートまで来ていただき、数ある一枚板の中からこの一枚板を選ばれました。床が黒、建具が黒の場合、このお部屋のように床と建具の色にテーブルを合わせると統一感が出ます。イスもカラフルでアクセントになっていてオシャレです。これは参考にしていただきたいお部屋の色使いです。天板は塗装せずに仕上げましたが、この深い黒色を出せるのはブラックウォルナットだけです。そして、ここまで幅のあるブラックウォルナットはなかなか手に入らないのでかなりレアな一枚板です。

設置事例149 この「ウネリ」は節のおかげ

I.Kさまの設置事例。

一枚板は「節無し」がよく注目されます。しかし、この事例のように「節有り」の一枚板も私はオススメです。この一枚板は長さ2000mmを超える大型欅の一枚板で、実は天板に3カ所に節があります。このように、節があることで木目がウネり、独特の模様が表現されます。一枚板の個性を出すことで部屋全体にインパクトがでますね!「アルアートさんのHPで見て、一目惚れでした。 一枚板を選んだというよりも、この一枚板に選ばれたような感じがしています。 」と嬉しいお言葉もありがとうございます!

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求