一枚板 欅の特徴

欅(ケヤキ)日本の代表的な広葉樹で堅くテーブルには最適です。

湿気によく耐え、濡れ色が非常に綺麗で、ウレタンで仕上ると最高の仕上がりになります。綺麗で、塗装する事により木目が明瞭になり、高級感があります。しかし、欅(ケヤキ)はクセの悪い材もあり、反りに注意が必要です。欅(ケヤキ)は玉木(タマモク)、などと呼ばれるプレミアな木目がでると高価で取引されます。そして、幅広の板が取れる木は、切り尽した感があり、今後希少になると思われます。テーブルでは人気NO1の欅です。板の形も様々で、欅ならではの“味”を楽しむ事が出来ます。

感謝!お客様から頂いた欅の設置事例

設置事例153 L型脚の一枚板PCデスク

Y.Yさまの設置事例。

パソコンデスクを一枚板で製作させていただきました。一枚板中央部が少しだけ出て、アクセントになっていますね!木目も素敵なケヤキの一枚板です。そして、注目すべきは天板だけではありません。脚にも注目してください!脚はL型ダイニング脚を設置して頂きました。片側からしか座らないテーブルにはこのL型がおすすめです。(もちろん、耐久性も抜群!)そして、木をブラックで着色させていただきました。一枚板の横にあるスピーカーともマッチしていますね。

設置事例151 まさかの穴

N.Yさまの設置事例。

まさかの穴が空いた一枚板です。実はこのような穴は「枝」が合った部分です。その大きな枝が雪の重みや台風のチカラで折れてできた穴です。決して人間の手では作れない、自然が作り出した「そのままの作品」といえます。そして、この穴の部分は切り落とされてしまうことがほとんどです。ですが、この一枚板のオーナー様はこの穴を気に入っていただけました。これぞ、まさしく世界に1つだけの一枚板ですね!この穴に植木鉢などを置いてアレンジして使っても面白いですね!

設置事例046 まる型リメイク一枚板

丸尾さまの設置事例。

この一枚板はリメイク品です。元々は和室に置いてあった物を、丸く加工し。ダイニングテーブルとしてリメイクさせて頂きました。

設置事例022 これがいい!噛まれた一枚板

高畑さまの設置事例。

ケヤキの一枚板です。非常に綺麗な天板です。耳の部分に穴が空いていますが、これも一枚板ならでは!!脚もケヤキ材を使用した三点脚。総欅テーブルです。アルアートから車で40分ほどで、工房まで御来店頂き、実際に板を選んで頂きました。これぞ一枚板!と感じる一枚板です。耳の部分に大きな穴が開いているのがわかりますか?普通のテーブルでは絶対にできない、味のあるかたちです。自然はデザイナーです

設置事例122 統一感。大工のご主人の「こだわり」

阿久津さまの設置事例。

写真を見て一枚板と思う方もいると思いますが、実は接ぎ合わせテーブルです。同じ欅からとれた三枚の板でつくった接ぎ合わせテーブルです。角度によっては一枚板にしか見えないくらいの良い仕上がりです。なぜこのテーブルのようにパッと見一枚板に見えるかというと、年輪の色合い、木目の細かさも統一することで一枚板に見せることができます。これは材料を見る目があるからこそできる職人の技ともいえます。床材にも天然木を使っているので統一感があり、大工のご主人こだわりの素敵なおうちです。

設置事例028 部屋の雰囲気が変わる欅の一枚板

稲葉さまの設置事例。

ケヤキの一枚板です。天板に大きなキズが無い素材です。特殊な木目が出現しておりませんが、ケヤキのハッキリとした木目で迫力があります。脚は最も人気のあるT脚ダイニング脚です。

欅ギャラリー1 欅ギャラリー2 欅ギャラリー3 欅商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求