一枚板 胡桃の特徴

胡桃はあなたにおすすめ

胡桃(クルミ)は、大きくなるのが非常に遅いため、一枚板テーブルに使用できる巾の材料は非常に希少品です。外国の胡桃(クルミ)の事をウォルナットと呼び、ウォルナットは世界三大銘木の一つであり非常に人気があります。木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、また狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持ち、又、落ち着いた色合いと重厚な木目から高級家具材や工芸材にも使用されています。育つ環境により、白色から赤褐色まで様々な色があります。細かく波の様な木目で、迫力がありながら、落ち着いた木目でもあります。最高級材料の一つです。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例075 キズ無し・節無し・最高級

O.Aさまの設置事例。

天板にキズ(割れ)のない、無節の一枚板です。家具業界に限らず、建築業界では貴重とされている無節の杉を使って制作しました。木目もしっかりと出ており、お部屋がピシっと引き締まりますね。背もたれのない椅子もカッコイイですね。アルアートのダイニング脚をご利用頂いており、床の色に合わせて着色させて頂きました。

設置事例114 キッチン横の「主役」

都築さまの設置事例。

キッチン横に使いやすい長方形の欅(ケヤキ)の一枚板テーブルをご紹介させていただきました。真っ直ぐ伸びた欅(ケヤキ)の木目の中心には、天然木ならではの節や年輪が出現しています。欅(ケヤキ)の一枚板テーブルの中でも優秀な一枚板を使用しました。ですから、その存在感はお部屋にあるだけでお部屋の印象が、がらっと変わりますね。白を基調としたキレイなお部屋に欅(ケヤキ)の一枚板テーブルがマッチしていますね。また、一枚板テーブルに合わせて着色したこだわりのベンチもアクセントになっています。天然木ならではの個性的なカタチをあえて残したことで、遊び心のあるベンチに仕上がりました。

設置事例154 虫眼鏡が必須!これが本欅

M.Yさまの設置事例。

樹齢250~300年ほどの大きなケヤキを使った一枚板テーブルです。このケヤキは寒い地域で育ちました。寒い地域で育った木は、成長が遅く、詰まった木目が特徴になります。そして、その木目が詰まったケヤキを「本欅(ほんけやき)」といいます。虫眼鏡がないと木目を数えるのが難しいほど、木目が細かくとっても貴重な一枚板です。そして、一枚板の特徴を残すために「枝分かれ部分」をわざと残し、個性的なカタチに仕上げました。

設置事例142 ブラックウォルナットの一枚板?

H.Kさまの設置事例。

一枚板と間違えそうですが、実はブラックウォルナットの一枚板を3枚使った接ぎ合わせテーブルです。違う木からとれた一枚板を接ぎ合わせると、木目や色合いにばらつきが出てしまいバランスが悪くなってしまいます。ですが同じ木からとれた一枚板を使うことで色合いや木目を合わせることができます。ぱっと見ると一枚板に見えるように仕上げたこだわりの作品です。値段を抑えて天然木の一枚板テーブルをお探しでしたら接ぎ合わせテーブルもおすすめです。そして脚は、真っ黒に塗ることもできますがブラックウォルナットの色合いに合わせて塗装しました。脚もテーブルやお部屋の雰囲気に合わせて塗装できるのでご相談ください。また、イスもアルアートでそろえていただき、ベンチはテーブルと同じブラックウォルナットの一枚板で作りました。全体的に統一感がありまとまった仕上がりになりました。

設置事例034 一枚板を壁に

鷲見さまの設置事例。

トチのキッチン裏のカウンターです。お客様からご依頼頂き、工務店と打ち合わせし制作した作品です。天板はと脚は同じ木から取れたトチ材で制作しております。白身、赤身の色合いのバランスも良く、違和感ありません。床材がカバで比較的トチに似た色合いですので、明るい色合いのお部屋にマッチします。

設置事例056 無垢は一枚板だけじゃない!

日尾さまの設置事例。

長さ1800 幅900 の杉のはぎ合わせです。一枚板でこのサイズですと超高額になりますが、はぎ合わせだからできる価格で、販売させて頂きました。納期もギリギリでしたが、ご満足頂ける頂けたとのご連絡をお電話で頂き、感激しました。

胡桃ギャラリー1 胡桃商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求