一枚板 松の特徴

松はあなたにおすすめ

代表的なものには、黒松、赤松があり、米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材される松は希少価値が高いです。そして松は木目がハッキリとしており、高級感があり視覚だけでも無垢の素晴らしさを感じ取れる事が出来ます。

節が綺麗で、白っぽい天板に、茶色の節がアクセントになり味わい深い板もあります。松は日本でも自生している松は多くありますが、一枚板が製材出来るほどの大木は少なく、希少品です。米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材されるのは希少価値が高いです。(※アルアートで扱っている松はすべて地松(日本産)です。)

店舗や家庭で、普通とは違った一枚板を置こうと考えているのであれば、もちろん松がお勧めです。高級料亭や会員制のバーなどに松のテーブルを置かれたオーナ方もいらっしゃいます。

松は他の木材では出せない高級感を持っています。

そして、ほとんどの方が「松は高い」と考えています。確かに家具の中で一枚板は高い材質に入っています。一枚板でもそれはほとんど変わりません。ですが、他の方とは違った板の購入をお考えならば、松が一番良いでしょう。もちろん、家庭に置く場合にも松で作った一枚板は最高の一枚板になるでしょう。もし、あなた好みの松がありましたら、購入をお急ぎください。なぜなら、他の木材に比べ数が少なく、手に入らないからです。特に松はテーブルのような大きさのものは、なかなか手に入りません。「気に入った松のテーブルが売れてしまったら別の松のテーブルを購入すればいい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、松の板自体が少ないため別の松で作られたテーブルでも手に入るまで時間がかかってしまうのです。特に他の木材ではなく、松のテーブルの購入を考えている方は、購入をお急ぎ下さい。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例020 節ゼロ一枚板

齋藤さまの設置事例。

ケヤキの一枚板です。綺麗なケヤキ天板で、特殊な杢は出現しておりませんが、ハッキリとした木目で一目で一枚板と分かる迫力があります。椅子もアルアートの椅子を選んで頂きました。

設置事例054 「サバ杢」が出現した柳の一枚板

長谷川さまの設置事例。

柳の一枚板です。長さ2000、幅900mmの特大サイズです、ベンチも柳材を使用しております。椅子もアルアートのアルエイトシリーズです。天板に枝分かれ部分にしか出現しないサバ杢が出現しております。

設置事例003 15人掛け!?特大3000mmの一枚板

蓮華寺さまの設置事例。

長さ3000mmの超特大テーブルのオーダーメイド品です。杉の中でも木目の細かい事で知られる「秋田杉」を使用しました。ハッキリとした木目と赤身と白身が分かれている材料です。年に数回親戚が集まるとの事で15人掛テーブルです。もともとあるイスの高さに合わせテーブルの高さを決め、長いテーブルを支える為のオリジナル脚も制作しました。天板の耳の部分も樹皮が少し残る様な加工をし自然な感じを残しました。秋田杉の一枚板で、長さ2600mmです。12人がけテーブルで、大迫力です、マキストーブともマッチしていると思います。真っ直ぐ成長するのが杉の特徴。この一枚板も例外では無く、形が整っております。

設置事例021 2枚を1枚に。1枚を2枚

木村さまの設置事例。

トチの一枚板です。つなげると2枚のテーブルになります。一枚の大きなテーブルを使用し、2枚になるように。親戚が集まる時はつなげて大きなテーブルに、通常は、和室テーブル。ダイニングテーブルとして使用頂けます。

設置事例051 シマシマ模様の美しい一枚板

岡田さまの設置事例。

クスの一枚板です。クスをブラウン色で着色しております。クスは、着色をすると、独特の縞模様が出現し、非常に綺麗に見えます。

設置事例005 オシャレな脚がポイント。世界に一つ。

金谷さまの設置事例。

こちらの板は脚、天板ともに着色したタイプです。耳の部分と脚を木目が見えなくなるまで茶色に着色しました。材質は杉で、茶色っぽい心材の色に合わせ着色しましたので、木目が見えなくなっても違和感はありません。FAXでイメージを送って頂き、お客様とともに制作いたしました。世界に一台のテーブルでお客様の好みに合わせ制作しました。脚も茶色に塗りオリジナル脚です。

松ギャラリー1 松ギャラリー2 松ギャラリー3 松ギャラリー4 松商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求