一枚板 松の特徴

松はあなたにおすすめ

代表的なものには、黒松、赤松があり、米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材される松は希少価値が高いです。そして松は木目がハッキリとしており、高級感があり視覚だけでも無垢の素晴らしさを感じ取れる事が出来ます。

節が綺麗で、白っぽい天板に、茶色の節がアクセントになり味わい深い板もあります。松は日本でも自生している松は多くありますが、一枚板が製材出来るほどの大木は少なく、希少品です。米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材されるのは希少価値が高いです。(※アルアートで扱っている松はすべて地松(日本産)です。)

店舗や家庭で、普通とは違った一枚板を置こうと考えているのであれば、もちろん松がお勧めです。高級料亭や会員制のバーなどに松のテーブルを置かれたオーナ方もいらっしゃいます。

松は他の木材では出せない高級感を持っています。

そして、ほとんどの方が「松は高い」と考えています。確かに家具の中で一枚板は高い材質に入っています。一枚板でもそれはほとんど変わりません。ですが、他の方とは違った板の購入をお考えならば、松が一番良いでしょう。もちろん、家庭に置く場合にも松で作った一枚板は最高の一枚板になるでしょう。もし、あなた好みの松がありましたら、購入をお急ぎください。なぜなら、他の木材に比べ数が少なく、手に入らないからです。特に松はテーブルのような大きさのものは、なかなか手に入りません。「気に入った松のテーブルが売れてしまったら別の松のテーブルを購入すればいい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、松の板自体が少ないため別の松で作られたテーブルでも手に入るまで時間がかかってしまうのです。特に他の木材ではなく、松のテーブルの購入を考えている方は、購入をお急ぎ下さい。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例050 空で輝く、一枚板

住田さまの設置事例。

クスの一枚板です。クスの中でも、濃い色合いの素材です。濃い色合いの内装ですので、この様なクスの色合いは非常にマッチしました。照明の当て具合で色合いが変化して見え、味わい深い作品です。ケヤキの小テーブルも個性的な形をしており、一枚板の迫力抜群です!!

設置事例040 ショールーム?こんなお家に住んでみたい

塩本さまの設置事例。

脚は鉄脚をブラック塗装。天板はケヤキです。アイアン脚と天然木の組み合わせもアクセントになり良くマッチします。ベンチはトチの一枚板です。ケヤキ天板は和室の堀コタツにも使用できます。

設置事例027 一枚板だらけの素敵なお家

永井さまの設置事例。

オーダーのTV台。ケヤキの一枚板テーブル、ケヤキの小テーブルを納品させて頂きました。TV台は厚みも重視し、かつ節が見えるようなデザインです。お客様がイメージしている写真を頂き、それを元に在庫を探し制作した作品です。ケヤキの一枚板は天板に大きなキズも無く、スッキリとした素材で製作しております。ベンチ、椅子もアルアートの物です。ヒノキの天然木を使用した床材ですので、ケヤキの茶色っぽい色合いも良く映えます。

設置事例097 贅沢、一級品。ブラック&セクシー

佐伯さまの設置事例。

ブラックウォルナットを贅沢に使った一枚板テーブルです。ダイニング、センターテーブル、小さめベンチも全てブラックォルナットです。また、全ての脚をブラックで着色しています。ブラック系のお部屋に、レッドレザーのソファーがセクシーですね。

設置事例042 納品まで約半年。部屋との統一感がイイ!

拂川さまの設置事例。

樅の一枚板です。大きな枝があった部分を使用しているため、節出現しております。人工では決して作り出すことのできない、味わいがあります。ログハウス調のご家庭で、床材も樅に似た樹種のため、お部屋の雰囲気にピッタリです。家の完成前にテーブルを決めて頂き、納品まで約半年アルアートで保管させて頂きました。

設置事例095 ブラックレザー×一枚板

小沢さまの設置事例。

わざわざアルアートまでお越し頂き、原板の状態から選んで頂きました。ご希望は「床の色に合わせたい」との事でした。楠がマッチすると思いご提案させて頂きました。このX脚、カッコイイですね!オーダーメイドで制作させて頂きました。一枚板といえば「無垢チェア」だと思いますが、このような「レザー」のチェアも素敵ですね。天板以外はお客様のイラストを元にオーダー制作させて頂きました。お客様のコダワリが溢れていますね。

松ギャラリー1 松ギャラリー2 松ギャラリー3 松ギャラリー4 松商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求