一枚板 松の特徴

松はあなたにおすすめ

代表的なものには、黒松、赤松があり、米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材される松は希少価値が高いです。そして松は木目がハッキリとしており、高級感があり視覚だけでも無垢の素晴らしさを感じ取れる事が出来ます。

節が綺麗で、白っぽい天板に、茶色の節がアクセントになり味わい深い板もあります。松は日本でも自生している松は多くありますが、一枚板が製材出来るほどの大木は少なく、希少品です。米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材されるのは希少価値が高いです。(※アルアートで扱っている松はすべて地松(日本産)です。)

店舗や家庭で、普通とは違った一枚板を置こうと考えているのであれば、もちろん松がお勧めです。高級料亭や会員制のバーなどに松のテーブルを置かれたオーナ方もいらっしゃいます。

松は他の木材では出せない高級感を持っています。

そして、ほとんどの方が「松は高い」と考えています。確かに家具の中で一枚板は高い材質に入っています。一枚板でもそれはほとんど変わりません。ですが、他の方とは違った板の購入をお考えならば、松が一番良いでしょう。もちろん、家庭に置く場合にも松で作った一枚板は最高の一枚板になるでしょう。もし、あなた好みの松がありましたら、購入をお急ぎください。なぜなら、他の木材に比べ数が少なく、手に入らないからです。特に松はテーブルのような大きさのものは、なかなか手に入りません。「気に入った松のテーブルが売れてしまったら別の松のテーブルを購入すればいい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、松の板自体が少ないため別の松で作られたテーブルでも手に入るまで時間がかかってしまうのです。特に他の木材ではなく、松のテーブルの購入を考えている方は、購入をお急ぎ下さい。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例153 L型脚の一枚板PCデスク

Y.Yさまの設置事例。

パソコンデスクを一枚板で製作させていただきました。一枚板中央部が少しだけ出て、アクセントになっていますね!木目も素敵なケヤキの一枚板です。そして、注目すべきは天板だけではありません。脚にも注目してください!脚はL型ダイニング脚を設置して頂きました。片側からしか座らないテーブルにはこのL型がおすすめです。(もちろん、耐久性も抜群!)そして、木をブラックで着色させていただきました。一枚板の横にあるスピーカーともマッチしていますね。

設置事例035 玄関~ダイニング。一枚板づくし

林さまの設置事例。

オーダーメイドのソファーダイニングテーブル、和室テーブル、玄関の式台を納品させて頂きました。トチの一枚板は、赤身部分が固定的な色合いをしております。トチは通常、白身が人気ですが、この様な模様が出現すると赤身も面白いです。

設置事例051 シマシマ模様の美しい一枚板

岡田さまの設置事例。

クスの一枚板です。クスをブラウン色で着色しております。クスは、着色をすると、独特の縞模様が出現し、非常に綺麗に見えます。

設置事例107 溶けるモミ

田中さまの設置事例。

当初材質を悩まれていましたが、ログハウス調のお部屋に樅(モミ)がよく合います!よーくみると室内にマウンテンバイクがあったり、私も親近感を感じてしまいます・・・。2000mmある大きなダイニングテーブルとこたつ用のテーブルが「色合い」と「節」が壁と床にキレイに溶け込んでいますね。

設置事例007 超極厚!100人乗っても大丈夫?

鬼頭さまの設置事例。

新築をされる方に購入して頂きました板です。厚み重視!厚み180mmの超極厚の作品です。材質はヒバで、防虫、消臭効果があると言われています。高級材料の一つです。床材も無垢を使用しており、明るい床でしたので、一枚板も明るい感じの色を選んで頂きました。とにかく迫力重視とのとこで、厚み以外にも木目が細かい材料でもあります。手触りも楽しむ為に無塗装で引き渡しをしました。

設置事例147 欅のコントラストを引き立てた一枚板

Y.Hさまの設置事例。

欅の一枚板の「節なし・キズなし」の役物といわれる材質です。この一枚板は、赤身のみブラウン色で着色しました。そうすることで白身と赤身のコントラストを一層、引き立てることができます。さらに欅ならではの「木目」もハッキリと出現しますので、国産材料で黒っぽい色合いをお探しの方にはおすすめです。黒っぽい色合いの床にもよく合います。一枚板のカットも、一枚板の着色もなんでもお任せ下さい!

松ギャラリー1 松ギャラリー2 松ギャラリー3 松ギャラリー4 松商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求