一枚板 松の特徴

松はあなたにおすすめ

代表的なものには、黒松、赤松があり、米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材される松は希少価値が高いです。そして松は木目がハッキリとしており、高級感があり視覚だけでも無垢の素晴らしさを感じ取れる事が出来ます。

節が綺麗で、白っぽい天板に、茶色の節がアクセントになり味わい深い板もあります。松は日本でも自生している松は多くありますが、一枚板が製材出来るほどの大木は少なく、希少品です。米松(アメリカ産)も建材として多く輸入されていますが、地松(日本産)で巾広の材は珍しく、一枚板用に製材されるのは希少価値が高いです。(※アルアートで扱っている松はすべて地松(日本産)です。)

店舗や家庭で、普通とは違った一枚板を置こうと考えているのであれば、もちろん松がお勧めです。高級料亭や会員制のバーなどに松のテーブルを置かれたオーナ方もいらっしゃいます。

松は他の木材では出せない高級感を持っています。

そして、ほとんどの方が「松は高い」と考えています。確かに家具の中で一枚板は高い材質に入っています。一枚板でもそれはほとんど変わりません。ですが、他の方とは違った板の購入をお考えならば、松が一番良いでしょう。もちろん、家庭に置く場合にも松で作った一枚板は最高の一枚板になるでしょう。もし、あなた好みの松がありましたら、購入をお急ぎください。なぜなら、他の木材に比べ数が少なく、手に入らないからです。特に松はテーブルのような大きさのものは、なかなか手に入りません。「気に入った松のテーブルが売れてしまったら別の松のテーブルを購入すればいい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、松の板自体が少ないため別の松で作られたテーブルでも手に入るまで時間がかかってしまうのです。特に他の木材ではなく、松のテーブルの購入を考えている方は、購入をお急ぎ下さい。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例129 巨木から取れたワイルドケヤキの一枚板

高橋さまの設置事例。

直径約1500mmを超える巨木からとれた一枚板です。赤みが濃く、年輪はくっきりと出現してケヤキの魅力が100%活きてます。あえて枝分かれ部分を切らずに残しました。枝分かれ部分にしか出せない大迫力の木目が、天然木のワイルドさを引き立てています。このサイズでこれだけキレイな木目が広がる一枚板はなかなか手に入りません。どの角度から見ても飽きの来ない作品です。脚はオーダーメイド脚を設置しました。

設置事例024 これが一枚板の迫力

山田学さまの設置事例。

厚み70mmもある重厚な杉の一枚板です。ダイニング十分な幅もあり、対面テーブルにも十分ご使用頂けます。杉は真っ直ぐ成長する木ですので、比較的長方形ですので、使用しやすい樹種です。名古屋より御来店頂き、実際に現物を選んで頂きました。

設置事例027 一枚板だらけの素敵なお家

永井さまの設置事例。

オーダーのTV台。ケヤキの一枚板テーブル、ケヤキの小テーブルを納品させて頂きました。TV台は厚みも重視し、かつ節が見えるようなデザインです。お客様がイメージしている写真を頂き、それを元に在庫を探し制作した作品です。ケヤキの一枚板は天板に大きなキズも無く、スッキリとした素材で製作しております。ベンチ、椅子もアルアートの物です。ヒノキの天然木を使用した床材ですので、ケヤキの茶色っぽい色合いも良く映えます。

設置事例049 昔ながらの一枚板

匿名さまの設置事例。

個性的な形の一枚板です。ご購入からしばらくして、写真とお喜びを声を手書きで頂きました。ブラウン系の色で着色しておりますので、和室に最適です。個性的な形ですのです。これぞ一枚板といった迫力があります。

設置事例035 玄関~ダイニング。一枚板づくし

林さまの設置事例。

オーダーメイドのソファーダイニングテーブル、和室テーブル、玄関の式台を納品させて頂きました。トチの一枚板は、赤身部分が固定的な色合いをしております。トチは通常、白身が人気ですが、この様な模様が出現すると赤身も面白いです。

設置事例155 最大級のブラックウォルナット

O.Aさまの設置事例。

素晴らしい写真をいただきました。私たちも大雪の日に2階まで引き上げた、思い出の一枚板です。このブラックウォルナットの一枚板は、長さが2600mmあり、重さは150~200kgもあります。アルアート史上最も大きなブラックウォルナットになります。家の図面を引いているときから、打ち合わせをさせていただきました。無垢をふんだんに使った素晴らしい家のメインテーブルとして設置していただきました。これだけ大きなブラックウォルナットはどこにもないので、特別な一枚板です。

松ギャラリー1 松ギャラリー2 松ギャラリー3 松ギャラリー4 松商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求