一枚板 楢の特徴

楢はあなたにおすすめ

ウイスキー樽(なら)からテーブル以外の家具にも昔から使用されている材料です。繊維が緻密で、とても堅い板で、心材は褐色で、辺材は白灰色で落ち着いたイメージがあります。楢材は水に強く、病害虫にも強い耐久性があります。柾目面では、帯状の模様(とらふ)はっきりとあらわれ、一枚板テーブルに用いたときの大きな魅力となっています。

流行、時代に左右される事なく人気があります。落ち着いた色、大人しい木目で、洋和風、店舗等、様々なシーンでも使用できます。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例039 大工さんと作った掘りコタツ。材質は栓

山本さまの設置事例。

堀コタツにアルアートの天板を選んで頂きました。脚は大工さん製作です。堀コタツのサイズにピッタリと合わす事が必要ですので、現場の大工さんに完全におまかせしました。材質は栓(セン)というあまり知られていない材質ですが、なかなか良い材質です。

設置事例141 完全調和。欅の一枚板

高木和明さまの設置事例。

この一枚板テーブルはケヤキの中でもかなり質の良い一枚板テーブルです。なぜなら天板に一切「節」がなく「木目」がはっきりと出現しているからです。一枚板業界、建築業界では天板に「節」があると価値が下がってしまいます。ですがこの一枚板テーブルは2000mmもある天板に「節」が一切ありません。そしてそれだけではありません。ケヤキならではの「木目」がキレイに出現しています。一年一年の年輪がはっきりと出現することでこのようなキレイな「木目」を楽しんでいただけます。そして脚も完全オーダーメイドでお作りしました。これは「幕付き脚」といって、座卓用の脚です。天板と合わせてケヤキでお作りしたので、和室に設置しても雰囲気を壊しません。和室と調和したケヤキの一枚板です。

設置事例085 アルアート初の「観音様の一枚板」

熊倉さまの設置事例。

アルアート初の「観音様の一枚板」をオーダーメイドで制作させて頂きました。材質は楠です。脚に角材を入れて、畳にカビが生えにくくなる工夫をしていますね。

設置事例043 ピンク色の一枚板

西村さまの設置事例。

杉の一枚板です。落ち着いたピンク色が特徴です。真っ直ぐな木目ですので、スッキリとした印象です。床材も杉を使用しており、テーブルと非常にマッチしているのがお分かり頂けると思います。所々にある節も特徴で良いアクセントになっております

設置事例054 「サバ杢」が出現した柳の一枚板

長谷川さまの設置事例。

柳の一枚板です。長さ2000、幅900mmの特大サイズです、ベンチも柳材を使用しております。椅子もアルアートのアルエイトシリーズです。天板に枝分かれ部分にしか出現しないサバ杢が出現しております。

設置事例133 「3羽の小鳥」も喜ぶ?

K.Kさまの設置事例。

天板と脚、どちらも銀杏で仕上げたこだわりの一枚板テーブルです。木の質感が映えるのが銀杏の特徴です。キレイな色合いと木目が目を引きます。銀杏は材質が柔らかく凹みやすいですが、しっかり塗装したので安心して使っていただけます。脚の上部に「棚」を付けてたオーダーメイド脚です。きっと小鳥ちゃんたちも、喜んでくれているはずです!

楓ギャラリー3 楓ギャラリー3 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求