一枚板 杉の特徴

杉はあなたにおすすめ

杉という木材は白い辺材、心材は赤褐色です。おとなしく水に強い事と肌触りがあたたかく、香りも良いのも特徴的です。杉は落ち着いた感じで温かみを感じさせてくれます。杉には真っ直ぐな木目が多く、すっきりとしています。香りも杉ならではの香りがあります。日本特産で、産地により、吉野杉・秋田杉・北山杉・屋久杉などがあります。高価なものもありますが、杉で作られたものは比較的ほかの材料と比べて、安価で購入することができます。初めて購入される方にはお勧めの木材です。安価でも、他の板には無い迫力が杉にはあります。安価だからといって質が落ちることはありません!

また、杉は反り・割れを回避することもできます。

反り・割れとは十分乾燥されていない板で作られたテーブルに起こってしまうトラブルです。乾燥されていない材料でなく、十分に乾燥されているテーブルでも起こってしまうこともあります。購入後、すぐに反り割れが起こるわけではありませんが、長年使用していると反り割れが起こってきます。ですが、杉は狂いが少なく、よく乾燥していれば反り割れがでにくく、温かみのあるテーブルに仕上がるので、古民家風、洋風、店舗など様々なシーンに合います。価格も比較的お値打ちです。

感謝!お客様から頂いた杉の設置事例

設置事例139 お客様と時間をかけて作った杉の一枚板

小林さまの設置事例。

完成までに何度もご連絡をさせていただき、ようやく完成した杉の一枚板テーブルと、杉の花台です。色合いやサイズなど細かいオーダーにお応えできたことを私も嬉しく思います。オール杉でこだわりぬいた作品です。一枚板テーブルは、杉ならではの真っ直ぐ伸びた木目が実際のサイズよりも存在感を感じられます。もともとお持ちのイスとも合い、すばらしい完成度です。玄関に入ってすぐ目にとまる花台は、ブラウンで着色しました。真っ白な床にブラウンが引き立ち、重厚感のあるまとまった玄関に相性抜群です。

設置事例062 一枚板のある「オシャレなオフィス」

匿名さまの設置事例。

霧島杉の一枚板です。アルアートのラインナップの中でも最高の霧島杉です。笹杢と呼ばれる笹の葉を思い浮かべる様な杢目も出現し、サイズも幅900mm!!最高の木目、最高のサイズ、。逸品です。ダイニング脚はヒノキを使用しております。無塗装ですので、ほのかにヒノキの香りがします。

設置事例027 一枚板だらけの素敵なお家

永井さまの設置事例。

オーダーのTV台。ケヤキの一枚板テーブル、ケヤキの小テーブルを納品させて頂きました。TV台は厚みも重視し、かつ節が見えるようなデザインです。お客様がイメージしている写真を頂き、それを元に在庫を探し制作した作品です。ケヤキの一枚板は天板に大きなキズも無く、スッキリとした素材で製作しております。ベンチ、椅子もアルアートの物です。ヒノキの天然木を使用した床材ですので、ケヤキの茶色っぽい色合いも良く映えます。

設置事例123 360度どこからでも

Y.Hさまの設置事例。

100%天然木の杉を使った接ぎ合わせテーブルです。既製品だと物足りないというご主人の要望を受け天板にあえて「節」を残しました。ぱっと見た感じは一枚板のような仕上がりです。柱に檜、さらに床材には無垢を使用している「こだわりのおうち」に、「杉の接ぎ合わせ」がマッチしています。こだわりは脚にもあります。脚はダイニング脚の三点脚をオーダーメイドで作りました。小口側からも座れるように作ったので360度どこからでも座れます。

設置事例067 長さ3m、幅1m、樹齢420年。

匿名さまの設置事例。

長さ3m、幅1m、樹齢420年。杉の中でも超極上の杉です。特大サイズの杉は市場でもなかなか珍しいものです。そして。これが杉のブランドの1つである豊臣杉です。初めての問い合わせから、2014年4月から1年近くかけてご購入頂きました。ありがとうございます!

設置事例150 一枚板の「新しい」考え方

山崎さまの設置事例。

杉の2枚接ぎテーブルです。店頭までお越し頂きご購入いただきました。私たちは基本的に「ウレタン塗装」を天板に施しています。これは、ウレタンが堅い塗料で、塗装することで天板に傷が付きにくくなるからです。しかし、このオーナー様は木が大好きだと言うことで、オイル塗装仕上げにさせていただきました。杉は傷が付きやすい材料です。それに、オイル塗装は傷が付きやすくなってしまいます。しかし、その「傷」を味として楽しんでもらえるオーナー様です。一枚板の考え方、一枚板の楽しみ方が変わる事例ですね!

杉ギャラリー1 杉ギャラリー2 杉ギャラリー3 杉商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求