銀杏

いちょう

波打つ模様にうっとり

銀杏の特徴

銀杏は、古くから日本に自生し、街路樹や庭木としておなじみの木です。材の色調は、心材と辺材の差はなく全体的に淡黄色です。家具では、木の質感がとても映える材質で、 程よく堅く、テーブルに適している材料です。狂いが少なく、まな板、木魚、天井板にも使われます。落ち着いた色彩で、優しい雰囲気で、ウレタンで塗装すると、非常に落ち着いた木目が現れ、洋和風問わず、一枚板の迫力を味わえます。銀杏は欧州で1億年前に世界中で栄え、その後絶滅したと言われていました。しかし、日本に自生しているのが発見され世界を騒がせ、進化論の父ダーウィンが「生きている化石」と呼んでいた事でも有名です。
価格
3/5
希少
4/5
人気
3/5
堅さ
2/5
軽さ
3/5
106
事例番号 106

結果的には値段以上に納得のいくテーブル

アルアートまでお越しいただきありがとうございました。偶然のご縁でしたが気に入っていただけて私も嬉しく思います。銀杏の良いところだけを贅沢に使って仕上げました。優しい印象を与えてくれる銀杏の色味が新居にマッチしていますね。

渡邉様

一枚板

116
事例番号 116

間違いなく一生もの

「反り」や「割れ」などの狂いが少ない銀杏(イチョウ)の一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、大きな色ムラもなく、銀杏(イチョウ)ならではの真っ白な色合いが特徴的です。また、ところどころにある節もアクセントになっていて、天然木の風合いが楽しめますね。座卓のこたつ用テーブルに製材させていただきました。大きな観葉植物ともとても馴染んでいますね。

K.C様

一枚板

銀杏

47
事例番号 47

銀杏のダイニングをカウンターです。キッチンにピッタリ合うサイズをご指定頂き、銀杏の、幅が広い材質を選んで頂きました。カウンターと一枚板をピッタリ合わせる加工、非常に困難でしたが、写真を頂き、設置完了できたとのご報告頂き、ほっとしました。

丸山様

一枚板

銀杏

36
事例番号 36

家に遊びにきた人達は皆、2mの大きな一枚板をみてカッコイイね

個性的な形をした銀杏です。枝分かれ部分を使用しておりますので、耳の部分に枝があった所が見え、これぞ天然木といった味があります。明るい色合いの材料ですので、洋間のダイニングに最適な材質です。

高橋様

一枚板

銀杏

銀杏の一枚板が気になっていますか?

銀杏の一枚板の商品一覧はこちらから。
商品一覧
Scroll to Top

1055万円オフのスーパーセール